救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

小沢民主党代表発言は事実なのか(2009/03/02)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.03.02)

 本日、小沢民主党代表発言という驚くべき記事がでた。救う会には、電話や
メールで問合せが殺到した。以下は西岡力・救う会会長代行のコメントである。

■小沢民主党代表発言は事実なのか

本日3月2日産経新聞に民主党の小沢一郎代表に関する以下のような驚くべき記
事が出た。

〈2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎
が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。
「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、
『何人かください』って言うしかないだろ」
日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゅうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決
着させる−。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)
令が敷かれた。〉

この報道が事実なら重大である。誤報や前後の脈略から違う意味があるなら、
ぜひ早急に訂正を求めるなどの処置を執っていただきたい。それがないと、金正
日が民主党政権になれば圧力が弱まり、一部被害者の引き渡しだけで多額のカネ
をもらえると誤解する危険が出てくる。

民主党は昨年12月、党の公式組織である「拉致問題対策本部」で追加制裁案を
決めている。自公政権の現行の制裁では不十分だという主張である。民主党内に
はこれまで長年にわたり家族会・救う会とともに拉致被害者救出のために活動さ
れてきた議員が多くいらっしゃる。その方々の努力もあって作られた追加制裁案
は、家族会・救う会の要望に応えるものだった。しかし、同案が党の公約として
確定したかどうかは不明である。

民主党が政権を取ったらどのような拉致問題政策が実行されるのか。政府拉致
問題対策本部を維持し、拉致問題担当大臣をおきつづけるのか、現行の6項目の
政府方針は変えられるのか。拉致被害者家族をはじめとする関係者と国民に対し
てぜひ分かりやすく説明していただきたいと切望する。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/11/15
署名用紙を更新しました
2018/11/09
朝鮮学校に13道府県、97市区町が約2億5900万円を支出
2018/11/08
拉致問題の現在 なぜ今チャンスと言えるのか−東京連続集会報告5
2018/11/08
拉致問題の現在 なぜ今チャンスと言えるのか−東京連続集会報告4
2018/11/07
拉致問題の現在 なぜ今チャンスと言えるのか−東京連続集会報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■