救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

世界に広がる拉致被害


北朝鮮に拉致された孔令●(●=嬰の女が言)さんの家族(写真中央右=父、右=弟 Hong Leng-chunさん)に増元照明家族会事務局長、西岡力・救う会常任副会長が2006年1月13日に面会。西岡副会長が孔さんについて韓国人拉致被害者で元女優の崔銀姫さんから聞き取った情報とほとんど一致した(最新情報2006.01.15参照)。北朝鮮による拉致被害者の国際的広がりがまた確認された。




米国が北朝鮮への不法な協力を理由に金融制裁を実施した結果、北朝鮮口座を凍結したマカオのバンコ・デルタ・アジア(匯業銀行)前で、増元事務局長。



国民大集会(東京)が開催された平成17年12月22日、日本を含め4か国の拉致被害者家族が麻生外相と面会し救出を訴えた。
写真中央麻生外相の右、タイ人被害者アノーチャさん兄スカム・パンジョイさん、スカムさんの息子バンジョン・パンジョイさん、レバノン人被害者シハームさんの母ハイダールさん。外相の左、山中子政務官、その左金聖浩・朝鮮戦争拉致被害者家族協議会前理事長、増元照明事務局長、飯塚繁雄副代表


■ サイト内検索 ■


■ 最新記事一覧 ■

■ アンケート集計結果 ■
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3