救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会の再反論
北朝鮮が提出した「調査報告」の疑問点・矛盾点 2004.11.25



家族会・救う会では、本日11月25日、第3回日朝実務者協議で北朝鮮側から提出された「調査報告」について、各家族の挙げる疑問点を集め、またこれまで得た情報と比較検討し、現段階での疑問点・矛盾点をまとめた。
このまとめを、本日午前10時、小熊博・拉致被害者等支援室長を訪問して手渡し、政府が行っている「精査」作業に活用するとともに、捏造が明らかになった以上、政府が明確な態度表明を行うことを要請した。
当日は、家族会から、横田滋・早紀江代表夫妻、飯塚繁雄副代表、増元照明事務局次長が、救う会から佐藤勝巳救う会会長、西岡力・常任副会長、平田隆太郎・事務局長が参加した。
席上、小熊室長は、「早く精査すべきところであるが、めぐみさんのカルテは走り書きで読みにくいなどかなり難航している。今日頂いたまとめを有効に活用するよう関係省庁に伝える」と述べた。
めぐみさんが死亡したと北朝鮮側が主張する49号予防院で代表団が面会した医師は、前回、死亡診断書を捏造した医師と同じ人物であった。日本側から何らかの主張をしたのか、との問いに、小熊室長は、「斎木昭隆審議官が間違いをただしていた」と述べた。参加者から、北朝鮮という国は、上から命令されたら断れない国であることの明らかな事例の一つだ、との声があがった。
小熊室長は、今回の代表団は、先方の言い分を聞くことを主眼としていたが、それもケースバイケースで、こちらから疑問点を糾すこともあった、と述べた。
家族会・救う会からは、今回の実務者協議で、北朝鮮が公式文書を捏造したことが明らかになったことが最大の成果だ。そのことを官房長官等政府は明確に言及すべきだ。KAL機事件の時は、官房長官が「北朝鮮によるテロ」と断定し、制裁を実施した。日本人が被害にあった拉致事件でなぜ態度表明ができないのか。「精査」が終わるのを待たずとも、捏造がはっきりした以上、明確に態度表明してほしいと要請した。小熊室長は、「官房長官に説明したい」と述べた。

家族会、救う会がまとめた「疑問点・矛盾点」の全文は以下の通り。

■北朝鮮が提出した「調査報告」の疑問点・矛盾点

 機チ澗療疑問点・矛盾点

 供ジ鎚姪疑問点・矛盾点

■原敕晁さんに関する「調査報告」の疑問点・矛盾点


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3