救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

座り込み決行--ご協力ありがとうございました(2000/10/07)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(全国協議会事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
▼来年の正月は拉致された人々が実家で家族とすごせるように、年内解決を!
----------------------------------------------------------------------
このニュースは拉致問題に関する情報をお送りするものです。
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■座り込み決行--ご協力ありがとうございました

 昨日午前中自民党本部前、午後外務省前で座り込みを行いました。平日の昼間に急
のことでしたが延べ約80人が参加、秩序だった行動ができました。
 それにしても世論もマスコミも強い批判があるなかで、なおかつ今日の自民党総務
会や閣議でも異論が出るなかでのコメ支援強行は、必ずその効果を検証されねばなり
ません。以下の会見内容にあるとおり、河野外相は徹底的に責任回避をしています。
国民の税金を1200億以上使って独裁政権を助け、拉致問題の解決を遅らせるこの暴挙
には必ず責任をとらせなければならないでしょう。
 しかし救出への動きは止めていられません。前を向いて、次の手を打っていくしか
ありません。今回の座り込みに対する各位のご協力に御礼申し上げ、今後一層のご協
力をお願い致します。

■河野洋平外相と家族会・救う会代表との会見内容

 これは10月4日に行われた河野洋平外相と家族会・救う会代表との会見の内容をま
とめたものです。11時15分から45分までの予定が大幅に超過し12時半に終わりました。
参加者は横田滋・早紀江家族会代表夫妻、蓮池ハツイさん、蓮池透さん、増元照明さ
ん、有本明弘・嘉代子夫妻、佐藤勝巳全国協議会会長と荒木。文章化にあたっての責
任は荒木にりまするが、そう大きな間違いはないと思います。
 一読すれば分かりますが、河野外相は徹底的に逃げ回っています。人道支援である
とこだわったのは、そうしておけば北朝鮮が何も変わらなくても責任をとる必要がな
いからです。政策支援ならその検証が必要になります(但し6日の記者会見では両面
があると言い直したそうですが)。
 また、総理の発言からの「拉致」削除の問題も、「自分は意見を言っただけ」と逃
げる。ミサイルは米国がやっているからと逃げる。こういう人がご家族に「どんなに
お辛いか」などと言うのを聞いていると醜悪さすら感じます。
-----------------------------------------------------------------------
横田滋 なぜ短い間に変化したのか。外交カードとしてならどういう効果があるのか。
河野洋平外相 前回自分がしゃべりすぎたとの話があるので今回はお話しをお聞きし
たい。
増元照明 前回のコメ支援のときこれが最大で最後と言われたが拉致についてはあい
かわらず否定している。北朝鮮は「自尊心を削ってまで」などと言っているのに、な
ぜ日本がしなければならないのか。硬軟の硬が見えず50万トンとはどういうことか。
有本明弘 現在の状況をつくったのは10年前だ。NHKを行政指導してほしいと郵政省
に申し入れたことがある。金丸訪朝団の翌年に子供たちのことが表に出た。その後問
題が秘密にしておかれた。それを誰が出したか。NHKは警察と外務省から情報をもらっ
ていた。あの3党訪朝団の轍を踏んで欲しくない。
蓮池透 3月に会ったとき大臣は「10万トンは決まっていない」と言っていた。家族
は騙された。山本次官が家族を回ったのも当時穿った見方をしていたが、思い返すと
やはり了解を取り付けるためだった。自民党本部前座り込みのときも建物の中では
「なんだあれは」などと言っていたと聞く。その程度の認識なのだ。
 発表の2日前、首相官邸に行ったが、そのときも「読売の誤報だ」と言っていた。
山本次官は前の日に電話をしてきて「コメは出さない」と言った。何の前進があった
のか。50万トンとは何だ。どういう効果があるのか。これからいくら出すというのか。
蓮池ハツイ 命がけでやってきたが、いつも政府に騙され情けない。どうして早く日
朝交渉を進めなければならないのか。毎日辛い思いで、夢にも出てくる。本当に悔し
い。何で日本の政府はこんなに弱いのか。コメを出すなというのではない。何も進展
していないではないか。嘘をつかないで欲しい。
横田早紀江 昨日小浜の地村さんから電話があった。「これまで必至にやってきた。
家族がどのように苦しみを耐えているか知ってもらいたい。日本の政治家でなく、北
朝鮮の政治家ではないか」と言っておられた。明日(10月5日)はめぐみの誕生日。
何とか助けてもらいたいと願っている。
 皆が怒っている。いつまでも続くのではなく、人間として、私もあと何年生きられ
るか分からない。日本に何を残していくか考えてもらいたい。
有本嘉代子 どうして次から次へと出すように言うのかわからない。誰が国連の要請
以上に出すことに決めたのか。出しても出してもだめだと思う。
佐藤勝巳 3点聞きたい。一つは所信表明で「拉致」を削除した問題。二つ目はこの
援助が人道援助か政策援助かということ。三つ目は金正日が訪朝した韓国マスコミ社
長団に「不当な解明を求めている」と言ったり、9月24日付の「労働新聞」に拉致問
題を全否定する論評が載ったりしている。それでもなぜ50万トン出すというのか。
河野 皆さんの気持ちはどんなにお辛いかと前回も申し上げた。察するに余りある。
私にも子供がいる。その子供が突然いなくなったらと思うと自分としても考えるとこ
ろがある。この点は私がいくら申しても何分の一にしかならないと思う。
 前回10万トンのとき、テーブルについて話し合わないといけないと言った。それか
ら何が変わったのか、変わっていないのにまたやるのか、ということと思う。
 私共のところには半島の問題に取り組むセクションがあり、私はそのトップだが、
南北の問題について小さな動きでも耳をすまし、見逃すまいと見ている。その間3月
から今日までに耳をすます必要もない、南北首脳会談での北のリーダーが出てきた。
 このことは半島の南北対立、緊張を緩和させる方向に動きだしているのではないか。
私は北のリーダーに会っていないが、金大中から直接北の指導者はこういう人物と伝
えられた。事前に金大中に拉致を含め問題があることは伝えてある。大統領は先方と
会った後で話のできる人物だと見た。その経験から日本もそう対応すべきと言った。
 北朝鮮は積極的に各国にはたらきかけをするようになった。外国に積極的にものを
言い、人を迎えるようになった。さらに米朝交渉が進みワシントン訪問が決まった。
米朝も南北も進んでいる。緊張緩和、大きな変化があると理解して欲しい。7月に北
の外務大臣に会って話をした。9月のニューヨークは来なかったが国連大使は会って
「お目にかかれず残念」と言ってきた。これは去年一昨年と比べて変わってきたこと
だ。8月には日朝交渉があり、9月には赤十字の話し合い、里帰りと動きが出ている。
南北首脳会談での政策転換がある。
 その一方で北の危機は深刻だ。国際機関のアピールが先月あった。これが12月まで
に19万5千トン。その他にもWFPがすでにアピールした分の不足分もある。さらにWFP
は来年も今年と同じくらいの食糧危機になると言っている。
 熱海の日韓首脳会談で金大中から「日朝の改善が重要と思っている。そのためには
色々やってあげた方がいいと」の話があった。首相はインフラ整備は国交正常化の後
と慎重だが食糧支援については前向き。沖縄で行われたG8でも北朝鮮の国際社会へ
の参加を後押しし、その代わり責任を持ってもらうということになった。それらを総
合して、コメ支援は人道支援だがそれをいつ、どうするかは総合的判断。これを行う
ことによって日朝関係を進める。国交正常化だけが重要ではなく、拉致をやるのも重
要だ。
 今動き出したチャンスに踏み込むとの判断を私がした。私の責任でした。日朝が話
し合わなければ解明できない。話し合ってやらなければ。黙っているだけではできな
い。
 蓮池さんはおっしゃったが山本君はそんな役割をしたわけではない。彼はお話しを
聞こうとして回られたに違いない。私もそういうことを考えずにコメを出そうとして
いるわけではない。
佐藤 予想した通りの回答だった。国際情勢と韓国の要請で大臣自ら判断したという
ことですね。
河野 韓国からは要請があったというのではなく、見解を聞いたということだ。
佐藤 3月の10万トンのときも確たる見通しがあったのかと言えばなかった。家族が
聞いていれば、では拉致はどうするのか、50万トンで前進するのかということだ。あ
なたが大臣になってから110万トンのコメを出した。しかし拉致は全く変わっていな
い。それなのに理解してくれと言われても同じ事の繰り返しではないか。
河野 (今回の50万トン)はこれからまだ手続きがある。これまで60万トンと言う
が6年間に出したものだ。誤解のないように。
有本嘉代子 その6年間に何も変わらなかったではないか。
河野 しかし、その6年間とこの半年とは全く異なる。
増元 それは金正日が困ったからだ。大臣は国際情勢の話はするが日本独自の問題は
何も言っていない。何も変わっていないではないか。
河野 気持ちは分かるが状況は…(この部分不明)。話し合うということが最もいい。
そのチャンスは出てきた。ご家族には辛いことは分かっているが日本と北の間に過去
の精算もやらなければならない。但し、横に置くわけではない。それをないがしろに
するつもりはない。ただ国と国との交渉では押したり引いたりはある。
蓮池透 今出さないと何の懸念があるのか。
河野 今が一番動いている。
蓮池 具体的にどういう戦略を持っているのか。何もないではないか。
河野 正常化交渉を進めるということだ。
蓮池 (押したり引いたりと言うが)どうやって押すのか。
河野 交渉担当者に信頼してほしい。
蓮池 馬鹿呼ばわりされてどう思うのか。プライドを持っているのか。
河野 プライドは持っているつもりだ。
蓮池 北朝鮮の食糧不足は金正日の失政によるものではないか。
河野 そう断定はできない。旱魃による被害もある。
増元 (金日成の死体を奉った)宮殿やミサイルに金を使うからではないか。テーブ
ルに付けるためと言ってコメを出してそれらに使われたら悪循環だ。
河野 核は米朝でやっている。北のナンバー2が行くのはこの問題について話し合う
ことだ。指摘はその通りだと思うが米国が精力的にやっている。北の中で金の使い方
が適切かどうかは言えないが南北の緊張緩和は(地域の)緊張のレベルが下がること
だ。和解ができていないのは日本だけ。過去の精算や安全保障を考え行う。
横田滋 施政方針演説から「拉致」を削除した問題はどうなのか。
河野 総理は毎回人道問題と言っていた。これまでは使っていなかった。自分は交渉
のチャンスなので同じような表現がいいと思って言った。しかし最終的には総理の判
断であり、私は意見を言っただけだ。
横田早紀江 今月の「諸君!」に岡崎久彦さんらも書いている。「バスに乗り遅れる
な」とすべきではない。
河野 日米間3国で政策調整して交渉にあたっている。総合的に判断しているのでご
理解いただきたい。
有本嘉代子 援助はどこの要請か。
河野 国際機関の要請だ。
有本 出さなければ国交は止まるか。
河野 そうだろう。
有本 止まれば困るか。
(この部分河野の肯定する発言があったと思うがメモが抜けている)
横田早紀江 (拉致が棚上げになって被拉致者の身辺も危険になるから)お金だけは
出さないで欲しい。
河野 正常化が行われるためには色々な問題を持ってもらいたい。
蓮池透 いつまでコメをだすのか。日本国民としての誇りを持て。




  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■