救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

参考・国会議員アンケートから(2000/05/22)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(全国協議会事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
------------------------------------------------------------------
このニュースは拉致問題に関する情報をお送りするものです。
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▼参考・国会議員アンケートから

 先日の国会議員アンケートの回答者のうち、救う会の方針とほぼ同じ認識(質問1
<拉致問題の認識>について、1<国家犯罪であり、許すことはできない>ないし5
<その他>で同様の回答をした人、さらに制裁措置について、1<すべき>ないし2
<北朝鮮の誠意ある姿勢がなければすべき>と回答)を示した衆議院議員は次の通り
です。それ以外の項目の回答などの要素も若干考慮していますが、これまで協力して
いただいた方でもアンケート未回答の方は除外してあります。また、選挙区は現在の
選挙区です。参議院から鞍替え出馬の方も入っていませんのであくまで参考資料とし
てご利用下さい。救う会としての総選挙への対応は検討中です。(事務局長・荒木和
博)

達増 拓也 岩手1 自由
佐々木 洋平 岩手3 無所属
中野 正志 宮城2 自民
中山 利生 茨城3 自民
上田 清司 埼玉4 民主
福永 信彦 埼玉5 自民
並木 正芳 埼玉8 公明・革
加藤 卓二 埼玉11 自民
岩國 哲人 東京6 民主
平沢 勝栄 東京17 自民
江口 一雄 千葉2 自民
浜田 靖一 千葉12 自民
菅 義偉 神奈川2 自民
飯島 忠義 神奈川4 自民
冨沢 篤紘 神奈川13 民主
小川 元 長野4 自民
奥田 建 石川1 民主
青山 丘 愛知7 保守
中井 洽 三重1 自由
川端 達夫 滋賀1 民主
田端 正広 大阪3 公明・革
中野 寛成 大阪8 民主
樽床 伸二 大阪12 民主
中村 鋭一 大阪14 保守
西村 眞悟 大阪17 自由
谷 洋一 兵庫5 自民
塩田 晋 兵庫10 自由
奥野 誠亮 奈良3 自民
石破 茂 鳥取1 自民
平沼 赳夫 岡山3 自民
河村 建夫 山口3 自民
安倍 晋三 山口4 自民
関谷 勝嗣 愛媛1 自民
北橋 健治 福岡9 民主
岩下 栄一 熊本1 自民
今田 保典 比例東北 民主
萩野 浩基 比例東北 自民
玄葉 光一郎 比例東北 民主
枝野 幸男 比例北関東 民主
小島 敏男 比例北関東 自民
葉梨 信行 比例北関東 自民
佐藤 謙一郎 比例南関東 民主
坂口 力 比例東海 公明・革
古川 元久 比例東海 民主
漆原 良夫 比例北陸信越 公明・革
鍵田 節哉 比例近畿 民主
西村 章三 比例四国 自由
古賀 一成 比例九州 民主
権藤 恒夫 比例九州 自由
島津 尚純 比例九州 民主

(資料)「横田めぐみさんたちを救出するぞ!第2回国民大集会」アピール

 今日、私たちは多数の北朝鮮に拉致された人々を救出するため、第2回目の「横田
めぐみさんたちを救出するぞ!国民大集会」を開きました。ここには、被害者の家族、
救出活動を続ける地方議員、全国23の「救う会」の活動家、そして何より被害者の救
出を心から願う多くの人々が集まりました。また、韓国からも被害者家族2人と支援
者に来ていただきました。
 本日私たちは、日韓の家族の訴えを聞き、拉致という国家テロへの怒りを益々強く
しました。北朝鮮が拉致したことを知っていながら自国民の救出という国家としての
当然の責務を23年間果たしてこなかった政府の無責任さにも激しい憤りを覚えます。
 日本の家族らが立ち上がって運動が始まってからでもすでに3年以上が経ちました。
しかし、ただ一人の被害者も帰ってきていません。一方北朝鮮は、いまだに拉致を自
国の犯行として認めず、かえって私たちの運動を非難するという不遜な態度をとって
います。
 今年3月、日本政府は家族及び国民の反対をよそに、コメ支援を強行しました。ま
た、韓国でも、金大中大統領が大規模な経済援助を提案して、拉致の主犯である金正
日との首脳会談を計画しています。こちらから誠意を示せば、北朝鮮から誠意が返る
などという幻想をいだき、拉致という主権・人権の重大な侵害を正面から取り上げな
い姿勢は、被害者と家族に「生き地獄」の苦しみを続けさせる一方、主権侵害を放置
する「犯罪」的政策です。
 金正日政権は今年中に拉致問題を棚上げにして、日本から大規模な経済援助を獲得
しようと狙っており、政府与党内にもそれに応じようとする勢力が存在します。もし、
そうなれば、被害者の身辺に否定的影響をおよぼすことも予測されます。
 昨年、北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験をしようとしていた時、日本の外務大臣は
発射すれば、日本から北朝鮮への「人、カネ、もの」の流れを制限すると公言しまし
たが、自国民救出のために同じことがなぜできないのでしょうか。不思議でなりませ
ん。
 本集会に集まった私たちは次のことを強く要求いたします。
1、金正日政権は拉致を国家犯罪として認め、速やかに被害者を全員、家族のもとに
返すこと。
2、日本政府は日朝交渉において、被害者の全員帰国を強く求め、それが実現するま
で政府レベルでの経済援助はいっさい行わないこと。金正日政権が拉致問題に誠意を
見せないならば、経済制裁を実行して解決を求めること。
3、韓国政府も自国民の被害者家族の訴えを受け止め、南北首脳会談で強く解決を求
めること。
   平成12年4月30日
横田めぐみさんたちを救出するぞ! 第2回国民大集会参加者一同



  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/02/19
「拉致」と「核」の分離が平壌を動かした 
2024/02/07
2024年の国際情勢と拉致問題4
2024/02/05
2024年の国際情勢と拉致問題3
2024/02/02
2024年の国際情勢と拉致問題2
2024/01/31
2024年の国際情勢と拉致問題1

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■