救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

横田滋さんの決断と召天に寄せて−西岡力(2020/06/11)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2020.06.11-2)

 以下は、西岡力会長が「産経新聞」の6月9日の正論蘭に投稿したものです。
参考資料として送ります。

■横田滋さんの決断と召天に寄せて−西岡力

モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力

 横田滋さんが召天された。初めてお目にかかったのは平成9(1997)年2
月だ。23年以上ともに戦ってきたから、戦場で私のすぐ横で敵に向かっていた
戦友が敵の弾丸にあたって倒れた、という感覚だ。同じ感覚を今年2月、有本恵
子さんのお母さまの嘉代子さんが召天されたときにも感じた。

 安倍晋三首相も同じ感覚を持っていた。首相も「ともに戦ってきた」という表
現を滋さんと嘉代子さんへのコメントで使った。

≪拉致問題でともに戦い≫

 結果が出ていないから、さまざまな批評、批判が安倍首相や私たちの運動にも
向けられてきた。ただ、ともに戦ってきたのではない傍観者や、ひどいときには
妨害者だった方たちからの批判には同意できない部分が多い。なぜめぐみさんた
ちを取り戻すことができないのか。一番大きな原因は、戦いの始まりがあまりに
も遅かったからだ。今分かっている最初の北朝鮮による日本人拉致は昭和38年
の寺越事件だが、拉致は50年代に集中して起きた。政府認定拉致17人のうち
13人は52年9月から53年8月までの1年間に起きている。

 産経新聞がアベック3組の失踪を拉致として報じたのが55年だ。しかし、政
府、与野党、マスコミもまともに取り扱わず10年たち、62年に大韓機爆破事
件が起きて治安当局が腹を決めて国会で「北朝鮮による拉致の疑い濃厚」という
歴史的答弁をしたのが63年だ。

 そのときも主要マスコミは1行も報じなかった(産経はベタ記事)。2年後の
平成2年に自民・社会両党の実力者金丸信氏、田辺誠氏が訪朝したが金日成主席
との会談で拉致を取り上げなかった。平成3年〜4年にかけ8回持たれた日朝国
交正常化交渉でも外務省は拉致を主要議題にしなかった。事態を見かね私は月刊
誌に日本人が拉致されているという論文を寄稿したが反応は全くない中、治安関
係者を含む専門家から身の危険はないかという質問を受けた。

≪大きなタブーがあった≫

 それを打ち破ったのは平成9年の横田滋さんの勇気ある決断だった。当時、北
朝鮮政権が拉致は捏造(ねつぞう)だと主張しているので、実名を出すと被害者
に危害が加えられるかもしれない、という見方が主流だった。それでも滋さんは、
一定のリスクはあるが政府を動かすために世論に訴えるしかない、という重い決
断を下した。決断を受け家族会ができ、私を含む有志が救う会を作り戦いを始め
た。安倍首相を含む何人かの政治家が私たちのすぐ横でともに戦いを始めた。

 拉致発生から平成9年まで20年間はタブーに押され拉致は闇の中に隠されて
いた。明るみに引き出したのが滋さんの決断だった。それでも政府は最優先課題
にしなかった。担当大臣を置き、直属の対策本部があるという現在の体制は小泉
訪朝後にもできず、第1次安倍政権になってできた。つまり政府がこの戦いに本
格的に加わるのは平成18年だ。30年間、理不尽に連れ去られ不当に抑留され
続けている自国民を助けるという課題に国として真剣に向き合わなかったつけを
背負い私たちは今、戦い続けている。このつけこそが被害者を取り戻せない最大
の原因だ。

 最初の戦いは世論に拉致が事実だと訴えることだった。そのため、横田さんご
夫妻は身を粉にして全国を駆け回った。滋さんの実直な人柄と早紀江さんの魂を
揺さぶるスピーチがタブーを打ち破っていった。平成14年、小泉訪朝時に、北
朝鮮の独裁者金正日総書記が拉致を認めて謝罪までした。ここで私たちは一度勝
利した。

 しかし北朝鮮は新たにめぐみさんたち8人は死亡、曽我ミヨシさんたち日本政
府認定の拉致被害者4人は拉致していない、それ以外に多数いると推定される未
認定被害者についても存在しないと新たな嘘をついた。この嘘を打ち破り、全被
害者の即時一括帰国を実現するための戦いが続いている。

≪めぐみさんたち全員取り戻す≫

 北朝鮮を動かすには強い圧力、すなわち被害者を返さないと耐えがたい不利益
があるが、返せば圧力は緩み利益を得られるという枠組みを作ることが必要だっ
た。滋さんを先頭に国会前で経済制裁を求める座り込みをし、米国や欧州、韓国
や東南アジアなどをめぐって国際連携作りを行ってきた。

 今努力が実り北朝鮮の貿易による外貨収入の9割を奪う史上最強の国連制裁が
かかり、拉致を含む北朝鮮の人権侵害はヒトラーのドイツ並みの人道に対する罪
だと明記された国連人権調査報告が出た。トランプ米大統領が首脳会談で金正恩
委員長に繰り返し拉致被害者返還を迫るまでに至った。

 先圧力、後交渉の戦略の下、安倍首相が金委員長と会談する環境は整いつつあ
る。ここまでくるためにもつらく激しい戦いがあり、滋さんはいつもその戦場に
いた。

 最後の2年間は病院でめぐみさんに会うまで生き抜くという苦しい戦いに臨ま
れた。神様が、よく戦った、もうよいから私のところで休めと滋さんを天に引き
上げた。必ず、めぐみさんたち全員を取り戻します。天国で後に続く私たちの戦
いを見ていてください。

以上




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2021/04/16
家族会・救う会の新運動方針と北朝鮮の内部状況4−東京連続集会113
2021/04/16
家族会・救う会の新運動方針と北朝鮮の内部状況3−東京連続集会113
2021/04/15
家族会・救う会の新運動方針と北朝鮮の内部状況2−東京連続集会113
2021/04/14
家族会・救う会の新運動方針と北朝鮮の内部状況−東京連続集会113
2021/04/07
菅総理に面会、要請−家族会・救う会

■過去のメールニュース■

  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■