救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会・拉致議連訪米3飯塚耕一郎さん訴え(2019/05/05)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.05.05-3)

■飯塚耕一郎さん訴え

5月3日ハドソン研究所・北朝鮮人権委員会・日本政府共同主催「北朝鮮拉致
問題セミナー」における飯塚耕一郎・家族会事務局次長の訴え全文

本日はこのセミナーにお集まり頂き誠に有難うございます。

私は日本から来ました飯塚耕一郎と申します。
私の母は、私が1歳の時である41年前に北朝鮮工作員に拉致され、北朝鮮に連
れ去られ、それ以降日本に帰れずにいます。
その為、私に母の記憶がありません。母と会話した記憶がありません。母に触
れた記憶もありません。

母の名は田口八重子と言います。拉致当時22歳だった彼女は、働きながら一
人で、1歳だった私と3歳の姉を育てていました。そんな時に、彼女は北朝鮮
の工作員によって突然、拉致されたのです。そして今なおその状態は続いてい
るのです。

2002年9月に北朝鮮と日本との間で首脳会談が開催され、北朝鮮は母を拉致し
たことを初めて認め、「交通事故で死亡した」と説明しました。その一報を聞
いた私は、一度も見たことのない母に永遠に会えなくなったのかとひどく落ち
込みました。その時の気持ちは言葉ではうまく言い表せません。ただとめどな
く涙があふれてきたことを覚えています。

しかし、事実は違いました。「田口八重子、死亡」の情報は根拠のないもので
した。当時、北朝鮮が示した「死亡診断書とされる資料」は捏造されたもので
したし、「交通事故の報告書」という資料に田口八重子の名前はありませんで
した。

北朝鮮による安否説明には多くの矛盾や誤りがあるのです。それは日本政府の
調査でも明らかになっていることです。私は、北朝鮮が根拠のない架空のスト
ーリーを作り上げ、母を死亡したことにし、その存在を隠蔽しようとしたと考
えています。

彼女は今も北朝鮮で生きています。
彼女は今も北朝鮮で救出されることを待っています。

私の家族のような、日本人が北朝鮮に拉致されたケースは、日本政府が認定し
ているだけでも17人に上ります。このうち5人は帰国を果たしましたが、ま
だ12人が帰国できていません。これ以外にも、北朝鮮に拉致された可能性が
ある日本人は数百人にのぼるとされています。

北朝鮮は、未帰還者12人については「8人死亡、4人未入国」と説明してい
ますが、いずれの説明にも不自然な点や矛盾点が多くあり、死亡を裏付けるも
のは何もありません。例えば北朝鮮は、2004年に「横田めぐみさんの遺骨だ」
とするものを出してきましたが、日本政府による鑑定の結果、本人ではない別
人のDNAが検出され、遺骨はめぐみさんのものではないことが明らかになっ
ています。

更に、北朝鮮による拉致事件は日本だけに留まりません。帰国した日本人拉致
被害者などの証言から、日本以外にも、韓国、タイ、ルーマニアなどの国民が
北朝鮮に拉致された可能性があるとされています。また、2014年2月に公表さ
れたCOI報告書では、マレーシア、シンガポール、フランス、イタリア、オ
ランダ、中国といった諸国にも拉致被害者が存在するとされており、北朝鮮に
よる拉致問題は国際社会全体の人権問題なのです。

これまで、2018年6月、2019年2月と2回の米朝首脳会談が開催されました。
この会談において、トランプ大統領は、金正恩委員長に直接、拉致被害者の解
決を促しました。これは、北朝鮮が日本人拉致を認めた2002年9月の日朝首脳
会談以降、北朝鮮の首脳自身が拉致問題を再考する機会の一つになったものと
思われます。
今こそ、金正恩委員長及び北朝鮮は「全拉致被害者の即時一括帰国」の決断を
行い、過去のしがらみから脱却し、新たな未来へと進むべきです。
我々被害者家族は、全拉致被害者の即時一括帰国が実現するのであれば、帰っ
てきた拉致被害者から秘密を聞き出すことや日朝国交正常化に反対する意志は
ありません。強調しますが、我々、家族は拉致被害者と静かな日常生活を送る
ことのみをただただ切望しています。

北朝鮮は過去核実験やミサイル発射検証などの平和への脅威を行ってきました。
これに対し、米国はこの脅威をなくすため、米朝首脳会談を行い、2月のハノ
イでの会談でもわかるよう、一切の妥協なく、鋭意努力をし続けています。
これと同様に我々被害者家族及び日本政府は、一切の妥協はせず、全拉致被害
者の即時一括帰国へ向けて鋭意努力しております。北朝鮮は一方的かつ都合の
よい報告書の受領や一部の被害者のみを帰国させるなど安易な解決を図るため
の画策を行ってきておりますが、これに応じるような愚鈍な考え日本は持ち合
わせておりません。

日本人拉致事件の発生から、すでに30〜40数年が経っています。被害者家
族の中には、被害者との再会を果たせぬままこの世を去った親や兄弟もいます。
これほどの悲劇はありません。
失われた時間は戻ってきませんが、帰りを待ち続ける家族も高齢化しています。
拉致問題は、もはや、これ以上時間をかけていい問題ではないのです。

最後に、トランプ大統領及びアメリカ政府におかれましては過去二度の米朝首
脳会談での拉致問題の解決の提起など、拉致問題に対して多大なるご理解と協
力を頂き、感謝に堪えません。
被害者の帰国、つまり再会の時まで引き続き、ご協力賜りますようお願い致し
ます。

ご清聴有難うございました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
';
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/09/19
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告2
2019/09/18
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告1
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4
2019/07/24
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告3

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■