救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

韓国拉致家族の訴え(2018/06/10)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.06.10)
 韓国の拉致被害者家族は、文在寅大統領が2回も南北首脳会談を行いながら、
自国民拉致についてまったく言及しなかったことに強い怒りと悲しみを覚えてい
る。彼らの唯一の希望は日本、米国など国際社会が全世界規模の拉致問題解決へ
の声を上げることだ。本メールで紹介した6月8日のソウルでの国際会議もそのよ
うな観点で開催されたものだった。

 同会議で李美一・朝鮮戦争拉致被害者家族会理事長のあいさつは、韓国家族の
心の底からの訴えがこめられたものだった。ここに全文を日本語訳して紹介する。


■ 韓国拉致家族の訴え

「北朝鮮政権の不法拉北・拉致問題解決のための
13か国国際共助対処方案発表会」
開会の辞

2018年6月8日
朝鮮戦争北朝鮮拉致被害者家族協議会
理事長 李 美 一

 6月12日の米・朝首脳会談を前にして準備いたしました「北朝鮮政権の不法
拉北・拉致問題解決のための13ヶ国国際共助対処方案発表会」に参加して下さ
った国内外の来賓の皆さま、心より感謝申し上げます。特にお忙しい中にも祝辞
を述べるために参席くださった金錫友・元統一部次官に感謝の言葉を申し上げま
す。

 今日私たちが発表会を持ったのは、米・朝首脳会談で北朝鮮の金正恩が願うよ
うに朝鮮戦争の終戦宣言または、平和体制を取り上げて論じようとするならば、
何より先に休戦会談で棚上げにしてしまった戦中に北へ拉致された韓国民間人の
問題が核心先決要件にならなければならないという切迫感のためです。このよう
な状況で戦中拉致家族会は4月26日にトランプ・アメリカ大統領に戦中拉致問
題の解決を求める請願書を送ったのに続き、5月16日にはポムペイオ国務部長
官とボルトン安保補佐官にも書簡を送りました。

 休戦会談で国連軍側代表のアメリカは共産軍捕虜と北朝鮮に抑留された韓国民
間人の一対一交換を主張しましたが、実現できませんでした。なぜなら北朝鮮が
徹底して北へ拉致した民間人の存在を隠し、巧妙に欺瞞術を使って「失郷私民」
交換に含んでしまったからです。この結果、戦中拉致の議題は会談から排除され、
ただ一人も帰ってこられませんでした。北朝鮮政権は極悪な拉致犯罪が何の責任
も問われないことになるや、戦争後にも必要に応じて韓国人をはじめとする世界
13ヶ国の民間人を思いのままに拉致する拉致犯罪の専門集団になったのです。

 日本、タイ、ルーマニア、フランスをはじめとして13か国で北朝鮮が拉致を
行いましたが、この問題に対して被害者家族とともに政府が声を上げる唯一の国
は日本です。私はそのような面で日本を非常に高く評価し、私たちが見習わなけ
ればならない点が多い国だと考えます。トランプ大統領に直接安倍総理が会いに
行って、拉致された日本人問題を米朝会談で取り上げて解決して欲しいと、お願
いすることはそれほど容易なことではありません。しかし自国民を代表する総理
や大統領、そのような方々は困難でもしなければならない時には外国にもお願い
をするべきです。

 そのような外国へのお願いまでは無理でも、我が国大統領文在寅に私たちは戦
中拉致を南北首脳会談で議題にはできなくても、ひと言でも公開的に戦中拉致被
害者という言葉を口にして欲しいと強く求めました。しかし、それさえも拒絶さ
れてしまいました。本当に大韓民国を代表する大統領の資格があるかという公開
質問書を大統領府に送りました。今週の火曜日までに回答をくれとしましたが、
3日過ぎてもまだ回答をもらうことができません。何と答えるのか、なぜ自国民
が北へ拉致されたという話はしなくて、日本人の拉致は取り上げたのか、その意
図が何か、全世界の言論が集中した中でそのように話せば、事情を分からない人
々は韓国には北へ拉致された人はいないと考えてしまいませんか。このように、
本当に私たちは再び絶望のどん底に落とされなければならない局面にあります。

 私たちは北へ拉致された家族が帰ってこられませんでしたが、それでも自国民
を犠牲にして自由民主主義体制の大韓民国を守ったアメリカに心より感謝する心
を持っています。人権を最高の価値と考え、抑留された韓国系アメリカ人3人を
ポムペイオ国務部長官が直接、北朝鮮に行って連れ出しませんでしたか。このよ
うに人権を尊重する先進国を見るたびに、私たちはいつになったら人権を尊重し、
誤りを正し、真実を示す国家となるのか、本当に暗たんたる心情です。

 それでも私たちは最後まで希望を捨てることはできません。なぜなら捕えられ
られた人々が私たちの家族であるためです。私たちはまだその人を忘れずにいま
す。ですから人権を最高の価値とする先進国アメリカが、ぜひ私たちの戦時拉致
問題も米・朝首脳会談で取り上げて議論し、戦中拉致被害者の人権も回復するよ
うに請願しています。もし戦中拉致問題が今回の米・朝首脳会談のような絶好の
機会で解決できないならば、私たち皆は人権の価値をもはや語ることは出来なく
なるでしょうし、歴史の罪人になるでしょう。なぜなら今回が最高であり最後の
戦時拉致問題を解決できる機会だと思うからです。

 今日のこの会場には日本で数十年間、私どもの団体が活動を始まる前から活動
してこられた西岡力拉致日本人救う会会長が来られました。また、タイから拉致
されたタイ国人のために専門的に活動する海老原教授とタイ人拉致被害者家族の
方も来られました。私たちは政府ができないことを熱心に最後まで希望を持って
努力するとお約束します。ぜひ今日のこの発表会が一度で終わるのではなく13
ヶ国の国際連帯共助を通じて国際社会により一層多くの訴えを行ない、私たちの
声が全世界を動かすようになることを願って、あいさつを終えます。
ありがとうございます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/10/16
日朝合同調査委員会と連絡事務所がなぜ危険なのか
2018/10/12
菅拉致問題担当大臣が家族会・救う会と面会
2018/09/28
今年2回目の国民大集会を開催−報告5
2018/09/28
今年2回目の国民大集会を開催−報告4
2018/09/27
今年2回目の国民大集会を開催−報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■