救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略−東京連続集会報告4(2017/06/01)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.06.01)

■緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略

◆「限定空爆」と「斬首作戦」

惠谷 今ミサイル問題がこれほどクローズアップされているにも関わらず、置き
去りにされています。

 今別のことを考えていたのですが、3月、4月のテレビ報道があった時に、
「限定空爆」ということがよく言われました。シリアに対して米軍が59発の巡
航ミサイルを使いましたが、同じように北朝鮮に対して限定空爆を行ったとして
も、それは韓国に対して必ず反撃されます。日本に対してはないと思いますが。

 従って、北朝鮮に対して限定空爆は不可能です。韓国人の犠牲者が出る。アメ
リカはその反撃を防いで空爆をするには作戦的に1400か所を同時空爆する必
要があります。これは限定空爆ではなく、全面空爆です。その作戦を立案してい
ますが、その作戦は実際に可能なのかと私は思います。

 第7艦隊、三沢、沖縄、嘉手納にいる米軍が、第一撃で1400か所は可能で
す。作戦は十分現実的です。

西岡 空母が2隻いるという前提ですか。

惠谷 1隻で可能です。今は空母が2隻いて緊張していますが、そうではなく、
平時に第7艦隊がいて通常の基地があるという前提で、1400か所を同時爆撃
することが可能です。

 それは第1撃のことで、30分から1時間後に第2撃があります。ですから一
瞬にして北朝鮮の軍事力を崩壊させることは可能です。

西岡 惠谷さんは、「北朝鮮がどう崩壊するのか」という本を書いていますね。
その中に、今のことがかなり詳しく書かれています。また、「限定空爆」ととも
に一部マスコミで「斬首作戦」という言葉が使われましたが、これとの関係はど
うですか。

惠谷 「斬首作戦」というのは首を切り離すということですが、これは韓国軍の
軍事作戦の名前で、金正恩の首をはねる作戦ではありません。名前がエキセント
リックなどで文字通りにテレビなどで解説されています。

 「斬首作戦」は前線部隊と上級司令部との間の通信連絡網を断つという軍事作
戦です。実際に、金正恩暗殺作戦というのもあります。そういう部隊があり、工
作員が派遣されているのも事実です。しかし、本人に接近することが大変ですか
ら、この作戦が始まって長いんですがまだ成功していない。ですから、ある日何
かが起きるということも十分考えられます。

◆北朝鮮にも工作員が入っている

西岡 工作員が入っているんですか。それは米軍ですか、韓国軍ですか。

惠谷 そうです。

西岡 金正恩暗殺を目的とした工作員が入っていると。

惠谷 正確に言いますと、暗殺を目的としているのは間違いないですが、自分で
やるわけではありません。そういうケースもありますが。金正恩に射程範囲まで
接近するのは非常に困難です。ならばどうするか。例えば、金正恩の警護員に何
らかの手を使って接近して、説得する。失敗したら危ないんですが。人を利用し
て暗殺しようというものですが、これは小説なら簡単ですが、現実には大変難し
い。しかし、やっているのは事実です。

西岡 斬首作戦というのは韓国の権泰栄(クォン・テヨン)という戦略家がいる
んですが、その人が提唱した作戦で、北朝鮮軍が奇襲南進をしてくる兆候があっ
たら、予防的に先制攻撃をするべきだという議論の中で、北朝鮮の攻撃能力を断
つだけでなく、あのような独裁国家で効果的なのは連絡網、通信網を断つことだ、
というものです。

 身と胴体を切り離してしまえば、胴体は自分では動けない。もちろん最高指揮
部を叩くということも含まれていますが、それは地上部隊が行くのではなく、最
高指揮部があるところを含めてミサイルで攻撃する。

 最高指揮部が意思決定をするので意思決定ができないようにするか、あるいは
連絡がつかないようにすれば北朝鮮の奇襲南進を防げるという戦略です。501
5作戦計画の中に含まれていると一部報道がありました。

 そもそも5015というのは、2015年から使われる作戦計画のコードネー
ムで、2015年は盧武鉉政権の時に、作戦統制権を返してくれと言って、色々
な経緯があって2015年に返すということになっていた。

 韓米連合司令部が解体して、戦争するときはそれぞれが別に司令部をもって戦
争をする。そういう時に備えて米韓軍が2015年型の作戦計画を準備していた
わけですが、今それが延期になった後でも5015という記号が使われていて、
その中に北朝鮮が奇襲をしてくることを察知すれば1400か所を爆撃するだけ
ではなく、指揮部を叩き、通信網を断つことも含まれているという議論です。

 それと地上部隊が暗殺に行くというのはまた別のことで、米海軍の特殊部隊が
韓国に来たから、あたかも特殊部隊がこれから首を取りに行くというような議論
がありましたが、それは全然違うことです。そういう理解でいいですか。

◆米韓軍は金正恩がいつもどこにいるか知っている

惠谷 そうです。ついでに暗殺計画についてお話しますと、金正恩の日常につい
ては、米韓軍はいつもどこにいるかをとらえています。従って、ピンポイントで
本人を空爆することは技術的には可能です。

 例えば、今日は地下司令部に入っている。そこまで把握しているか分かりませ
んが、その場合、地下を爆撃する能力も持っています。しかし問題があります。
地下で爆発するとDNAがとれない。これでは今後暗殺作成はできない。

 古くはチャウシェスクの暗殺の時に、処刑された死体映像が出ました。万人が、
この人は死んだと納得できる状況でないといけない。地下司令部で死んだとして
も、洗脳によって北朝鮮の民衆は、元帥様は絶対どこかにいらっしゃるとなると、
この神話・伝説を払拭するのは不可能です。

 ですから、暗殺するにはDNA採取が可能な方法でやらないと、暗殺した意味
がなくなり、効果が低くなります。従って、暗殺というのは、単純に銃撃をして
遺体からDNAを取る必要があり、爆殺して遺体がどこかに行っちゃったという
のではだめなわけです。

西岡 それはこちらが積極的に仕掛けることであって、北が奇襲南進をしている
との兆候を確実に掴めば、そういうことは言っていられないですね。

惠谷 もちろんそうです。

◆韓国文在寅政権が北朝鮮を支援すると

西岡 もう一つの要素として、トランプ大統領がデッドラインを引いた。第2次
危機を見ても、北朝鮮は軍事的圧力がかかったら譲歩したふりはしたが、核・ミ
サイル開発はやめなかった。この経緯の中で韓国の文在寅政権が北側について、
北を応援するということになると、安倍政権は、拉致と核を切り離して、北朝鮮
は核では絶対譲歩しないが、その前に拉致の交渉ができるんだ、と。

 日本は核に対する制裁よりも強い独自制裁をかけている。その部分については
拉致被害者が全員帰ってくればおろすことができるという交渉をしろと我々は言っ
ているわけですが、文在寅政権が支援を始めると、困難になるという議論もある
のですが、どうですか。

惠谷 文在寅政権は近々にも平壌に行くと思いますし、南北融和政策的な関係の
中で、まず経済支援をすることで核・ミサイル開発を間接的に支援することにな
るでしょう。一番私が恐れるのは、南北関係がよくなっていくにも関わらず、米
軍が北を攻撃するのはおかしいんじゃないかというような風潮になることです。

 トランプ大統領は「アメリカファースト」が理由で、南北関係が理由ではない
んですが、北の核開発を阻止するんだという形でやるべきだと思います。米韓は
同盟国です。北を攻撃する時には、ワシントンはソウルに通告する必要がありま
す。今の状況では、自動的にソウルから平壌に通報されますから、通報しない理
由、それは「アメリカファースト」、アメリカの国益のために北を叩くんだとい
うことで、やりやすくなるのか、むずかしくなるのか分からないですね。

西岡 私は今日出た月刊「HANADA」に文在寅のことを書いたのですが、ア
メリカが一番心配することの一つは、秘書室長人事だと思います。文在寅大統領
が就任直後に任命した三人の人事の中で、秘書室長は国会の承認が得られず、今
は正式な秘書室長になっていますが、任鍾●(●=析の下に日、イム・ジョンソク)
という人です。彼は80年代に北朝鮮とつながる地下サークルから派遣されて、
日本でいう全学連、韓国では全大協と言いますが、その議長をやっていた人です。

 その後国会議員になって、北朝鮮の1回目の核実験の時も、「アメリカが追い
込んだから核実験をやった」という議論をしていた人です。日本とアメリカの北
朝鮮人権法に反対する議員の書簡にサインしている人です。北朝鮮の金日成大学
に、日本円で数千万円の図書の寄付をした人です。

 その人が2期国会議員をやって落選した後、こんどは左派のソウル市長のもと
で副市長をやった。その人が秘書室長になった。彼が転向したことを、公開で一
度も言ったことがない。その人がすべての書類を見ることになる。秘書室長とし
て、大統領の命令だと言って、「これを持ってこい」と言えば、すべての書類を
見ることができる地位についてしまった。

 思い出すのは、第1次核危機の時、細川政権で「さきがけ」の武村さんという
人が官房長官でした。アメリカは「困る」と内々に言ってきました。それで細川
政権は武村さんを官房長官から外しました。その経緯については、今都知事の小
池百合子さんが細川さんの横で見ていて、書いています。

 情報が漏れるということで「官房長官を代えろ」と言って、細川政権は代えた
のですが、文在寅政権は代えるかどうか。情報という点では大変厳しい状況にな
ると思います。

 但し、文在寅は太陽政策的な、北朝鮮を支援するようになるのは多分、任期の
後半だと私は見ています。彼は地下運動をやっていた人たちを自分の周囲に置い
ていますから、そういう人たちは自己満足のために反日的な運動などはしません。

 むしろ、日本にとってもう少し融和的なことをやると思います。選挙の時に言っ
ていたことはもう少しトーンを下げると思います。可能性ですが、もしかしたら
大使館前の慰安婦像の撤去をやるかもしれません。それはすべて革命のためです。

 後半に平壌を訪問して、低い段階の連邦制で統一しようという合意をするかも
しれません。それに徹底的に反対すると思われる保守派をまず弱める。当面は、
李明博政権の不正腐敗を調査すると言っています。

 法治国家であれば一事不再理と言って、一度取り調べが済んでいるわけです。
それなのにもう1回調べると。これはもう問題にすると言っているんですから、
そういうことで李明博大統領とその周辺を逮捕するというようなこともあり得る
と思います。

 それは韓国国民の中で、朴槿惠逮捕で溜飲を下げている人たちには、一時的に
は人気が上がるかもしれません。そして結果として保守勢力をどんどん弱体化さ
せるだろうなあと思っています。

 外交的には金大中、盧武鉉がやったように、前半は日米間同盟に歩調を合わせ
るふりをする。そういう点でも、トランプ政権が「戦略的忍耐はしない」と言っ
ているこの1、2年、この秋から冬にかけて中国に経済制裁をさせて、制裁が効
かなかった場合にどうするのか。中国の大手の銀行も含めて、大規模制裁をトラ
ンプ政権がするのか。

◆米保守派は北朝鮮の政変を期待

 トランプ政権が北朝鮮の核開発を事実上容認してしまうという悪夢の選択もゼ
ロではないですが、それはアメリカが危険にさらされるということですから、軍
事的な手段を使うか、その前の手段として北朝鮮の中で政変を起こす工作をやる。

 「ウォールストリートジャーナル」やボルトンさんのような保守派の人たちは、
北朝鮮の核開発をやめさせるのはレジーム・チェンジ、政権を倒すしかない、と。
政権を倒すのを中国がやってくれるなら、その後の政権は親中政権でもいい。そ
こに中国軍が駐屯してもいいという議論さえしています。

 それは島田さんに言わせると、親中政権を作った後、またそこで民主化運動を
起こさせればいいんだという二段階の自由統一論です。しかし、中国がアメリカ
に届く核・ミサイル開発をやめさせるというなら、朝鮮半島全体を中国に渡して
もいいという取引を、トランプ政権がやるかもしれない。

 そうなったら我々にとってチャンスはなくなる。日本に届く核・ミサイルが維
持されたまま、被害者は帰って来ないで、日本の安全保障は大変おかしくなるお
いうことも含めて、文在寅政権が本格的に活動を始めるまでの、この1、2年の
間に一定の決着がつくのではないか。

 我々としては、こういう本当に激しい嵐の中で、日本にとっては拉致問題があ
る、絶対に譲歩できない、命がかかっている問題だから政府は自国民を守る責任
がある、だからこそ強い制裁をかけてきた部分は使うんだということを、国際社
会に対しても、北朝鮮に対しても、今こそ強く言わなければ、この大嵐の中で拉
致問題が、被害者救出の旗が飛ばされてしまうのではないか。

 そういう危機感を持っていますが、細い道ながらまだ解決の道はある、この道
しかない、そんなふうに思っています。

◆今北朝鮮は「高麗連邦制」に向かっている

惠谷 私は北朝鮮支援がすぐに始まるのかと思いましたが、西岡さんは後半にと
いうことでした。北朝鮮による赤化統一は、南進武力侵攻と、もう一つは金日成
時代の1980年、高麗連邦共和国というものを作ろうという政治的に統一する
方法もあります。その時その時で使い分けているんですが、今高麗連邦制に向かっ
ているんではないか。

 金大中時代は低い連邦制とか国家連合とか言っていましたが、これは似ている。
しかし、低い連邦制に移行していこうという合意はできています。

西岡 2000年6月ですね。

惠谷 それが文在寅政権になって加速していくのではないかということです。で
は高麗連邦共和国というものは何なのか。南と北の政治的、経済的な体制はその
ままにして、一つの連邦共和国にしようということです。

 ついては連邦議会を設ける。では連邦議会の議員はどうするか。100対10
0の平等でいくか、しかし南は人口が2倍だから納得しない。では南が200で
北が100で投票して、民主的な国家にしよう。

 北の100人はすべて北が支持する議案に賛成します。南は自由国家ですから、
200人は自分の判断で手を挙げる。今の韓国では、文在寅は4割の国民が左翼
政権を支持しました。仮に3割としても200人の3割は60人です。というこ
とは、あらゆる議案は160対140で北にすべて持っていかれる。金正恩が大
統領になる可能性もある。

◆韓国・北朝鮮が一つの国家になると、国家保安法と韓米同盟が廃止に

西岡 それは惠谷さんが言っているのではなく、金日成が言っているんです。金
日成が黄長●(火へんに華、元北朝鮮書記)にそう言っているんです。高麗連邦
統一案というのは1980年に金日成が提案したんです。その前に、1960年
に北は初めて連邦制ということを言ったのですが、80年に初めて高麗連邦共和
国という国号を出した。

 そして、すぐ連邦制にいかなくていい、と。低い段階の連邦制から、国号を持っ
た高麗連邦制に行こうと言った。「低い段階」というのを色々出してきているん
ですが、そのこころは何かというと、黄長●に金日成が説明している。「民族統
一機構で統一を議論する時、南北で会議をすれば北代表は100%割れないが、
南代表の内、半分は左派が占めるから結局3対1で我々が指導権を握れる」とい
う趣旨のことを金日成から聞いたと黄長●が言っています。

 「低い段階」という場合は、議会は作らないんです。1民族1国家2政府体制
で、2つの国家は政治、軍事、外交を初めとする現在の機能と権能をそのまま維
持すると言っているんです。民族統一機構というのは連絡機構のようなものを作
ると言っているんですが、1つの国になったとするとまず韓国の国家保安法は廃
止しなければならない。

 北朝鮮を反国家団体と指定していますので、北朝鮮を賞賛したりするスパイは
最高死刑にすると言っているんですが、一つの国家になってしまったのだから北
朝鮮を反国家団体とは言えなくなってしまう。北朝鮮が要求する国家保安法は廃
止になる。それから1つの国家だから主敵とは言えなくなる。韓米同盟は北朝鮮
を主敵として結ばれています。もう脅威ではないということになる。韓米同盟の
必要性が下がる。米軍は撤退する。

 それまで高麗連邦制で北朝鮮が言っていたのは、米軍撤退と国家保安法廃止が
条件だと言っていたんですが、低い段階の連邦制ではその条件もつけなくていい
と言っている。しかし結果としてそれが実現するわけです。

 それは惠谷さんと私は同じ意見ですし、北朝鮮の内部からの情報でもそうなん
ですが、核・ミサイル開発のもう一つの柱は対南工作です。北朝鮮を支持する政
治勢力を作る。それが今成功しつつある。

 それには彼らも慎重ですから、多分文在寅政権の後半に大きなことをやろうと
しているのではないか。しかしアメリカは、「戦略的忍耐はしない」と言ってい
る。このチャンスを逃してしまったら、逆に核を持つ統一国家が半島全体を支配
する、38度線が対馬まで下がってくる。そうなると被害者の救出が絶望的にな
るということもあり得る。

 アメリカは今、「アメリカファースト」と言っている政権ですが、アメリカに
届くミサイルを止めさせようと言って、北朝鮮は絶対譲らないと言っている。こ
の緊張状態をどう利用するか。このチャンスしかないというのが今の状況です。
それについては私が、「産経新聞」正論欄にコラムを2つ書いたものを配布しま
したので読んでください。

惠谷 北は軍事的か政治的かは別として、虎視眈々と赤化統一を狙っている。そ
れが今、文在寅政権ができたので政治的な面にシフトしつつありますが、核開発
については速度を緩めることなくスピードアップして、本当にアメリカに届くミ
サイルが完成するのが今迫っていることだけは頭に置いていただければと思いま
す。

(5につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/10/13
家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会5
2017/10/13
家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会4
2017/10/12
家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会3
2017/10/11
総選挙−各党公約集にみる拉致問題
2017/10/11
家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会2

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3