救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全拉致被害者救出のための実質的な協議を閉ざすな-北朝鮮の核実験に抗議する家族会・救う会声明-(2016/09/09)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.09.09-2)

-北朝鮮の核実験に抗議する家族会・救う会声明-

 本日、北朝鮮が核実験を行った。わが国と世界の安全を脅かす暴挙であり強く
抗議する。

 一方、同じ北朝鮮が多くの拉致被害者を数十年にわたり不法に抑留し続けてお
り、いつ被害者を危険な目に遭わせるかわからない状況がつづいている。

 わが国政府は全ての被害者の安全確保と早急な帰国を最優先課題としている。
核実験暴挙があった現時点でも、被害者を取り戻す努力は続けられなければなら
ない。

 わが国がかけている制裁は国連安保理決議が求める水準を大きく上回る厳しい
制裁だ。国連制裁は核とミサイルを理由にしているが、わが国はそれに加えて拉
致問題をも理由に明記しているからだ。核実験暴挙への抗議を強めることと、拉
致を理由にかけている強力な制裁をカードとして全被害者救出のための実質的協
議を行うことは矛盾しない。

 安倍晋三首相はこの間、世界各国との首脳外交などを通じて、拉致被害者救出
がいかに重大な問題であるか説明してきた。それに加え、北朝鮮の人権侵害の被
害者には世界各国の無辜の民が多数存在するという認識も広がってきた。まさに
そのような成果を最大限活用して、核問題で世界と連携して対北圧力を強めつつ
も、拉致被害者帰国のための実質的協議を進めてほしい。

 彼の地で多くの被害者が助けを待っている。どのような情勢下でも被害者を見
捨てることは許されない。むしろ核問題でかかる強い圧力をてことして、拉致被
害者救出を先行させることも可能だ。政府の一層の努力を強く求める。

平成28年9月9日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 西岡力

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/02/14
安倍総理に運動方針を報告 家族会・救う会
2020/02/10
家族会・救う会合同会議報告
2020/02/10
今後の運動方針
2020/02/06
有本恵子さんの母、有本嘉代子さんがご逝去
2020/01/30
最新の北朝鮮情勢と拉致問題-東京連続集会報告5

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■