救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮に未来を描かせないためにやるべきこと‐東京連続集会報告6(2015/05/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2015.05.28-2)

■北朝鮮に未来を描かせないためにやるべきこと

◆北朝鮮との往来を原則禁止に、奴隷労働での外貨稼ぎを阻止すべき

 では具体的に、「未来がない」ようにするにはどうしたらいいか。日本が取る
べきことと、国際社会が取るべきことを2つ提案しました。

 日本が取るべきことはまず、人的往来を原則的に止めてほしいこと。今もマツ
タケの不正輸入の首謀者とか、核・ミサイル技術者とか、よど号グループの子ど
もで北朝鮮労働党に入っていると思われるような洗脳教育を受けた人たちが、転
向もしていないのに自由に北朝鮮に行ったり来たりしています。新たなテロの準
備をしているかもしれない。

 今まさに、不正輸入をしていたことが明らかになっています。北朝鮮と結託し
てマツタケの不正輸入をしたんです。その首謀者がなぜ自由に行けるのか。日本
人妻は、出国することさえ認められていない。

 「日本は民主国家ですから、出国の自由は認めます。しかし、もう一度帰って
くる時には、永住資格はなくなりますよ。それを覚悟して帰ってください」。誰
に再入国許可を出すかどうかは全く法務大臣の裁量です。1970年代初めまで
は、原則として、北朝鮮を渡航先とする再入国許可は出していなかったのですか
ら、それに戻すべきだ。

 それから日本人も、北朝鮮に行く場合は、今の旅券を適用させるのはやめる。
今危険地域に行くと言ったら旅券変換命令を出します。

 1970年代初めまで、外務省は、北朝鮮に行くという人には「一般旅券は使
わないでください」として、旅券に「この旅券は北朝鮮以外の国で有効です」、
イクセプト・ノースコリアと書いていました。だから北朝鮮に行く人は別の旅券
を申請したんです。北朝鮮は別の旅券は認めないと言って、別の旅券を持って北
京の北朝鮮大使館に行くと、VIZAにはんこを押してくれなくて、別の紙にはんこ
を押していた。1980年代末までそういうにらみ合いをやっていたんです。そ
れに戻すべきです。

 それから厳格な法執行を強化してほしい。総連の中央会館転売をめぐっても、
お金の流れがおかしいのです。いったい誰がグリーン・フォレストに払った40
億円くらいのお金を払ったのか。その中の17億円は、朝鮮総連の持ち物だと思
われていた出版会館を売ったお金が入っています。

 朝鮮総連が、朝鮮総連の持ち物を売って作ったお金で買い戻すというのは許さ
れないことです。なぜなら借金のカタとして売られたんですから。まだ、借金は
600億円くらい残っています。17億円あるならば、それに払うべきです。そ
ういうことについて、お金の流れをまず調べていない。

 それから国際社会に求めることについては、先ほど渡辺先生がおっしゃった人
権侵害を理由に制裁を実施しようということです。それには南アフリカの例があ
る、と。

 もう一つ、これはアメリカに行って分かったんですが、北朝鮮が労働者を海外
に派遣しているのは奴隷労働だ、人身取引に関する国際法違反だとして取り締ま
れという動きが出ています。

 既にアメリカの下院で、そのことについて公聴会が開かれています。今北朝鮮
の外貨源はかなりの部分が労働者の派遣で、その賃金を全部ピンハネしているん
です。タコ部屋みたいなところに入れて、普通の労働者よりも夜勤もさせて、食
べ物は自炊させて、外貨での給料はほぼ党が召し上げている。

 クェートで働いていた出稼ぎ労働者が脱北してアメリカに来て、証言していま
す。その人は給料はゼロだったそうです。その外貨が核・ミサイル開発などに使
われている。これは国際法違反で、奴隷労働です。

 同齢労働では物を安く作れます。そういうものを買ったら奴隷貿易を認めるこ
とになってしまう。実際、カタールは、建設会社の労働者90人を集団解雇して
います。監督官が搾取しているという理由です。これは効くんですね。外貨がな
くなるから。

 そういうことを準備して、拉致が解決しなければ、つまり生きている人を一括
で7月までに全員返さなければ、強い圧力をかけますよという準備をしてほしい、
と。

 今まさに、7月に全員帰ってくることができるかどうか、絶望ではありません。
まだ可能性はあります。しかし、まだ確定したとも言えません。本当に最後の勝
負にきたと思っています。

 以上ですが、実は今日、タイの海老原智治さんが一時帰国で来ていらっしゃい
ます。先ほど日本の家族がどんどん亡くなっているというお話が出ましたが、タ
イでも、アノーチャーさんのお兄さんが5月初めにご逝去されました。ずっとお
兄さんのそばにいて、タイの被害者救出のサポートをしてこられた海老原さんか
らご報告をしていただきます。

◆タイは子どもの世代、ルーマニアは兄弟の世代が救出運動

海老原智治(北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイ代表)

 タイのチェンマイで、北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイを主宰
しています。いつもチェンマイに定住していて、そこを拠点にして活動していま
す。

 アノーチャー・パンジョイさんは、タイで唯一認定された被害者で、チェンマ
イが出身地です。ご家族もチェンマイに住んでいて、2005年にタイ人拉致が
判明して以来、一緒に活動してきました。

 それが今年5月になって悲しいことがあり、5月1日、拉致被害者アノーチャー
さんの最も近しい肉親である実のお兄さん、スカム・パンジョイさんが亡くなら
れました。スカムさんは日本に来て国民大集会にも参加しています。お歳は69
歳で、死因は白血病ということでした。

 1998年、妹のアノーチャーさんがマカオから拉致されました。それから2
005年に拉致が判明するまで、どこに行ってしまったのか全く分からなかった
そうです。曽我さん、ジェンキンズさんが日本で証言された外国人拉致被害者の
存在の中に、アノーチャーさんがいたことから拉致が判明したわけです。

 それ以来、いつ妹に会えるのかということで活動してきたわけですが、結局思
いがかなわぬままご逝去されたということです。

 既にお父さん、お母さんは亡くなっており、最も近しい親族が実のお兄さんで
あるスカムさんだけだったわけですが、これで親の世代だけでなく、兄弟の世代
もいなくなってしまったという段階に入りました。

 今活動を引き継いでいるのは、スカムさんの長男であるバンジョン・パンジョ
イさんで、アノーチャーさんから見ると甥に当たります。この方が今家族の代表
ということで、引き続きこの問題に当たっていくと、お葬式の直後に表明してい
ます。

 そういうことで、ご家族は決意を新たにして、国際連携のもとに必ずアノーチャー
さんの帰国を実現する、他の被害者の方々の帰国も実現すると強く言っています。
世代交代が進み、家族の中でも問題に取り組む人が減り、拉致被害者の記憶を持っ
ている人がうすれていってしまうということがあります。

 さいわいバンジョンさんは、小学校4年生の時に叔母のアノーチャーさんが拉
致されているということで、まだ明瞭に叔母の記憶を持っています。当時アノー
チャーさんは家が貧しくて、農家の娘だったアノーチャーさんが出稼ぎに行って、
一番上のお兄さんだったスカムさんが家を守って農家を続けてきたんですが、大
きなお土産袋を持って時々は帰ってきて、優しくて明るい叔母だったということ
を明瞭に記憶しています。

 そして帰国実現まで努力すると今回も表明しています。そういうご家族に追い
風を送るのも重要な役割だと思っています。

 タイとは若干ずれますが、もう少し国際連携を続けてきた国にルーマニアがあ
ります。ルーマニアにも拉致被害者のドイナ・ブンベアさんがいます。これも曽
我さん、ジェンキンズさんの証言で2005年に拉致が明らかになりました。ド
イナさんは既に平壌でお亡くなりになっていることが判明しています。

 弟さんがまだルーマニアに残っていて、拉致の解決を訴えていますが、昨年ド
イナ・ブンベアさんのお母さんが97歳くらいでお亡くなりになっています。そ
してガブリエルさんの上のお兄さんも同じ年に亡くなられ、ルーマニアにおいて
も歳の離れた弟が一人で頑張っているという状況で、タイもルーマニアも家族の
世代が代わり、ますます彼らの活動も盛り上げて、同時解決をめざしていかなけ
ればならないと思っています。

 私もそのような役割を達するべく努力したいと思っています。以上。ご報告と
させていただきます(拍手)。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2022/05/20
横田拓也代表、西岡力会長が衆議院拉致特で発言
2022/05/06
最近の米朝関係と拉致問題−東京連続集会7
2022/05/02
最近の米朝関係と拉致問題−東京連続集会6
2022/05/02
最近の米朝関係と拉致問題−東京連続集会5
2022/04/28
兵庫県が県独自の啓発動画を制作・公開、鳥取県も県独自の啓発動画を制作・活用

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■