救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

よど号犯による拉致事件を考える?東京連続集会報告(2013/06/21)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2013.06.21)

 以下は、平成25年6月20日、東京・文京区民センターで開催された「よど
号犯による拉致事件を考える?東京連続集会73」をテープ起こししたものです。

 金正日は、1978年に、よど号犯らに、自主革命党による日本革命を指令し、
そのために日本革命のためのメンバーを増やすため、よど号犯らが日本人拉致を
開始しました。よど号犯らは約20名の日本人を拉致したと言われています。

 西岡力救う会会長と、ジャーナリストの惠谷治さんが解説。被害者家族の有本
明弘・嘉代子さん、斉藤文代さん、松木信宏さん、家族会の飯塚繁雄代表、横田
滋・早紀江前代表夫妻が参加。数回に分けて送信します。概要以下の通り。

■よど号犯による拉致事件を考える

◆よど号犯は労働党の手先政党、自主革命党の党員を増やすために拉致

西岡 みなさんこんばんは。昨年から、一つひとつの事件をもう一度見直してみ
ようというシリーズを始めています。今回はよど号犯による拉致を検討します。

 その一つの契機は、『産経新聞』が拉致問題のプロジェクトチームを作って連
載をしているんですが、「再び拉致を追う」というシリーズの第6部で、『「よ
ど号犯」らへの教示』と題する、私に言わせれば「特種記事」を書いたものです。
この「教示」の意味をきちんと把握しておきたいというのが今日の中心課題です。

 また神戸から、熊本からご家族にも来ていただきましたので、今ご家族が考え
ていらっしゃることなども後で一緒に聞きたいと思います。

 明らかになったことは、よど号犯の拉致も金正日の指令によって行われていた
ことです。その「拉致しろ」という文書があった、ということです。

「よど号犯」への教示というのが、その文書です。タイトルは「日本革命に関す
る根本問題」で、きちんと表紙がつけられて平壌にあるよど号犯たちの拠点、彼
らが日本革命村と呼んでいたところのガラスケースに展示されていた。金正日の
サインがあったということです。

 実は私は、「日本革命に関する根本問題」という文書を金正日がよど号犯グルー
プに出したということを90年代から、ある筋から聞いて知っていました。家族
会・救う会ができる前に既に私が入手していた情報ですが、1978年5月6日
にその文書が出たということです。

 その後家族会・救う会ができて活動を始め、3年経った2000年5月に、八
尾恵さんが「現代コリア研究所」を訪問しました。当時救う会は事務所がなくて、
「現代コリア研究所」に救う会の事務所を置いていたんですが、我々に会いたい
という話でした。

 それで当時の救う会会長の佐藤現代コリア研究所所長、私、そして当時救う会
事務局長の荒木和博さんの3人で八尾恵さんに会いました。八尾さんは拉致救出
運動に協力したいと言いました。

 当時北朝鮮で生まれた(よど号犯の)子どもたちがまだ北にいて、その子ども
たちと連絡もとらしてもらえないということで、よど号犯グループと八尾さんは
もめていて、「自分は被害者だ」と言っていました。

 それで私は、「あなたは被害者の部分もあるけれど、加害者の部分もあるんで
はないか。救出運動に協力するというのならば、できれば警察に言って話をして
ほしい。それができないなら記者会見をするなりして、よど号犯グループがやっ
たことにあなたがどう関与していたのかということをきちんと話してほしい」と
言いました。

 そして八尾さんに、「あなたは日本革命テーゼ(日本革命に関する根本問題)
という文書を持っていますか」と聞いたんです。そしたら、「文書なんかありま
せんよ。全文暗記しています」と言いました。

「ああそうか。革命運動について私もちょっとうかつだったなあ」と。文章で何
か持ってはいないんだと。ここで「産経新聞」(25.03.25、配布資料)には、
「暴力革命までする準備をしろ」ということも(指令に)書いてあった、という
ことです。

 そういう危険なものは日本に入ってくる時は紙では持ち込まないんです。しか
し、全文暗記しているわけです。私は当時、その文書に基づいてよど号犯グルー
プが自主革命党という労働党の手先になる政党を作って、その党員を増やすため
にヨーロッパで拉致をしたという話を既に90年代に聞いていたわけですが、そ
れは間接的に聞いていたことで確認がとれていなかったんです。

 しかし、八尾さん本人が文書は全部覚えていますと言ったので、これは間違い
ないなと思ったんです。そしてそのことを自白してほしかったんです。「金正日
の指令文があったんだ」と。私が「あなたには加害者の部分がある」と言ったの
はそのことを根拠にして言ったわけです。

 の後2年くらい経って、八尾さんは、「有本さんの拉致に自分は加担していま
した」という証言をし、有本さんのご両親の前で謝罪もし、また『謝罪します』
という本も書きました。

 しかし、その中にも、「日本革命に関する根本問題」のことは書いてなかった
んです。もちろん、金正日が拉致に加担したということを書くというのは命がけ
だと思います。あの世界にいた人はそういうことを分かっていると思います。金
正日を個人的に攻撃するということは、あの世界では一番してはならないことで
すから、テロの対象になるかもしれないと八尾さんは思っていたのかもしれない。

 しかし、『謝罪します』という本を書いているのに、誰が命令したのかという
基本的なことを書かないというのは、私は納得ができませんでした。

 逆に言うと、「日本革命に関する根本問題」という文書がある。そして金正日
が日本に対して何をしようとしていたのかということを有本さんや松木さんや石
岡さんは知っているわけです。そのことを隠そうとしていたからこそ、生きてい
る人を「死んだ」と言ったのではないか。

 つまり、田口八重子さんや横田めぐみさんは、実際に北朝鮮のテロに関与して
いる人物のことを知っているわけです。工作機関で工作をしている人を。そのこ
とを隠したいと思っていた。1976年の、「工作員の現地化」指令を隠したい
と思っていた。

◆「産経」の歴史的記事?よど号犯の拉致は金正日の命令

 一方、有本さんたちは、1978年の「日本革命に関する根本問題」を隠そう
として、生きているのに「死んだ」と言われたのではないか。そのことについて
「産経新聞」(25.03.25)は、「よど号犯関与の拉致、金総書記書簡受取り実行
か」と書いたわけです。

 これは大手のメディアでは初めて、よど号犯の拉致が金正日の命令で行われた
ということを書いた歴史的な記事だと思っています。

 特に私が驚いたのは、私は「日本革命に関する根本問題」、そして「自主革命
党を作れ、党員を増やせ、拉致をしろ」ということしか聞いていなかったんです
が、ここでは書簡の中に、「主体的力量の準備」や「暴力革命の準備」などが記
されていたと書いてあることです。

「主体的力量の準備」という意味は、日本革命のために作った自主革命党を発展
的に成長させるためメンバーを増やさないといけない」という意味だと、自主革
命党の田宮党首が語っていたと「産経」は報道しています。

◆よど号犯が、自衛隊員によるクーデターの準備も

 それだけではなく、「暴力革命の準備」というのは何か。田宮は、「自衛隊員
によるクーデターなどの攪乱工作の準備」と説明したと書いています。

 金正日がよど号犯グループを使って、日本人を地下党の党員にして、自衛隊に
入れて、主体思想で洗脳された自衛隊員がクーデターを起こすという準備をして
いたということです。

 その具体的な中味が明らかになれば、これは拉致だけではなく、もっと重大な
犯罪を金正日が犯していた。それは彼らにとっては隠さなければいけない秘密に
なるわけです。

 この「自衛隊員によるクーデターなどの攪乱工作の準備」という部分を読んで、
やはりそうだなと思いました。八尾恵さんが1988年に捕まった時、何をして
いたのか。

 彼女は柴田というよど号犯グループの一番若いハイジャッカーと結婚して、自
主革命党党員を増やすために色んな国を廻って拉致をしていたわけです。200
0年に「現代コリア研究所」に来た時、確か「60何か国行きました」と言って
いました。

 そして外国で日本人に声をかけると、海外旅行をしている時は日本人同士で日
本語で話をするとほっとするんですね。その中で、自主革命党員にふさわしいと
思う人を拉致していたということです。

 それが一段落した後、彼女は日本に入ってきます。そして横須賀で捕まったん
です。横須賀には防衛大学校があります。自衛隊の幹部になる人たちの学校です。
その生徒たちが主としてお客さんだった「夢見波(ゆめみは)」というスナック
を経営していた。その開店資金は当然、朝鮮労働党から出ていると思います。

 自衛隊員の中に、自主革命党員を作ろうということで、彼女は横須賀でスナッ
クをやっていたんです。私は自衛隊の基地で時々講演をします。90年代の半ば
に、ある基地に講演に行った時、東京から新幹線で自衛隊の人が一緒に乗ってい
たんですが、一緒にいると色んな話をしますよね。

「自衛隊の中に北のスパイが入りそうになって危なかったんですよ」と言ったら、
「実は私の防大の同期が『夢見波』というスナックに入り浸って、カウンターの
中に入ってシェーカーを振っていました」という話を聞きました。

 八尾恵さんは在日朝鮮人じゃないです。日本人です。90年代の日本の世論は
まだ自衛隊に対して冷たかった。スナックの若いママが、「私は自衛隊のファン
なのよ。国防のために頑張ってね。サービスしますよ」と言ったら、自衛隊の幹
部の卵たちは、「ここはいい飲み屋だ」と思って来るわけです。それも、この
「日本革命に関する根本問題」に基づいてなされていたのです。

 八尾さんの夫の柴田も、やはり日本で捕まりましたが、彼がやっていたのは、
高校生を集めて勉強会みたいなことをやって、その中の優秀と思われる人間に主
体思想を教えて、私が聞いているのでは、ヨーロッパ経由で北朝鮮に送って、教
育を受けさせて日本に戻して、防衛大学校を受験しなさいと言っていたと。それ
も自衛隊に関係があるんです。

 しかし、日本の警察は大変優秀で、また時期がよかったため、ソウルオリンピッ
クの直前ということで、世界中の情報機関が北朝鮮のテロを防ぐために協力して
いて、ヨーロッパでキム・ユーチョルという北朝鮮の工作員としょっちゅう一緒
に動いていた日本人が、今日本に戻ってきていて横須賀にいるということが分かっ
て、神奈川県警が逮捕した。

 しかし、日本にはスパイ防止法がありませんので、私文書偽造で逮捕しました。
それは何かというと、アパートを借りる時に、契約書に八尾恵と本名を書かなかっ
たと。そういうことでしか逮捕できないんです。自衛隊にスパイを入れようとし
ていたという、治安に関わる重大な、我々から言えば犯罪です。刑法上は外患罪
という、敵国と内通して日本の安全保障を危うくするという戦前からある罪名は
法律上生きているんですが、それでなぜ逮捕しなかったのかと今でも思っていま
す。

 まず、『産経新聞』の記事、八尾さんが2000年に来て日本革命テーゼのこ
とを話したこと、その背後にある金正日の狙いについて少し問題提起しましたが、
惠谷さん今の話を聞いてどうですか。

◆金日成がよど号犯を高く評価

惠谷 まず、よど号犯問題に関してですが、記事にある「56書簡」、「56教
示」というのは、金日成がよど号犯グループに最初に1972年5月6日に会っ
たからそう呼ばれています。

 それから金日成は、ほぼ毎年のようによど号犯グループに会いにいっています。
1975年の5月6日は金日成がよど号犯グループに、「お前たちも結婚しろ」
という教示を与えます。

 それ以降、日本から女性たちが続々と北に向かうことになります。76年にも
金日成は会いにいっています。とにかく金日成というのは、「君たちは金正日の
卵だ」という表現で高く評価していました。そして朝鮮労働党連絡部に「56課」
というよど号犯担当の部署を新設します。

「よど号」が着陸して以降担当していたキム・ユーチョルという男、もともと連
絡部の日本担当で日本語が非常にうまかった男が、最初は世話役的立場だったと
思いますが、かれが「56課」の責任者になります。

 この男はとても優秀で、もともとの専攻はロシア語だったようですが、日本語
は、ある人物に聞いたら独学で勉強したそうです。よど号犯グループは彼から朝
鮮語を習ったりもしたそうです。

 この場で何度も西岡さんが言いましたが、1976年から金正日が工作機関の
実権を握ります。しかしこの「56課」というのはそのまま継続します。この
「56課」は、金日成の指示を受け続けていたとずっと考えていました。

 というのも、よど号犯グループのヨーロッパでの3人の拉致と他の拉致は性質
がどうも違う。その背後には金日成の教示がそのまま80年代も生き続けたため
性質が違うのかなと思っていたんです。

 75年5月、76年5月に金日成が行っている。そして77年は、5月1日か
ら5日まで続けて結婚式をしている。そして78年5月6日に「56教示」が出
ます。

西岡 私が聞いているのは、結婚式が終った5月7日に、宴会が開かれて、金日
成、金正日が二人で来て、そこで金日成が、「新しい党を作って日本革命をやれ」
と命令したと。それが自主革命党だと。だから大枠は金日成が命令しているので
すが、その次の段階は、78年5月6日に「日本革命に関する根本問題」と題す
る金正日書簡が出たということです。

惠谷 その「根本問題」の具体化のために、78年の年末と言われていますが、
よど号犯の9人と8人の妻、吉田金太郎さんだけは結婚していないんですが、そ
の全員が集まって、彼らはこれを総会と呼びますが、総会を開いた。そこで「5
6教示」に従って、自主革命党を作る。彼らは自主革命党創建準備委員会をまず
作り、田宮が委員長、小西が副委員長になります。

 また、それまでもよど号犯は本名では呼び合っていませんでしたが、妻が決まっ
たので全員に変名、工作員名を付けます。田宮は斉藤委員長、小西は山口副委員
長といった具合です。八尾恵は中山明子ですから平壌では中山同志と呼ばれたそ
うです。本人が証言しています。

◆78年、79年に拉致の拠点づくり「マドリード作戦」

 そして78年の年末から本格的なよど号犯による拉致が始まります。その時に、
一番若い柴田が八尾と結婚していますから、この二人が先発というか露払いとい
うか、ヨーロッパに派遣されます。78年、79年に渡って、ヨーロッパ各地、
世界各地を動いて、どこが工作しやすいか、どこで日本人を引っ掛けやすいかを
調査し、その一つの拠点としてスペインのマドリードを選択します。彼らは日本
人拉致作戦のことを、「マドリード作戦」と呼ぶようになったそうです。

 その後80年に松木さんたちの拉致があります。石岡さんと松木さんは別々に
行ってマドリードで出会うわけですが、そういう拠点をまず開拓して、重要なこ
とは、そこにキム・ユーチョル、情報機関内ではKYCという暗号で呼ばれていま
したが、彼がすべてを仕切っているわけです。

 ヨーロッパの防諜機関は彼を秘密撮影をしていますが、あらゆるところにこの
男が登場します。有本さんの拉致の現場にも貿易商を偽装して座っていたわけで
すが、私は明らかに拉致実行犯だと思いますし、逮捕状をとって国際指名手配を
かけるべきだと思います。

 日本政府は北朝鮮にいて逮捕できなくても国際指名手配をかけているわけです
から、色々な事件がありますが、有本さんに関して言えば、少なくともこのキム
・ユーチョルは国際指名手配すべきだと思います。

(2につづく)




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2023/02/01
令和5年 拉致被害者救出への展望2
2023/01/30
令和5年 拉致被害者救出への展望1
2022/12/22
岸田政権が「拉致は時間的な制約のある深刻な人道問題」と国家安保戦略に明記
2022/12/21
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー6
2022/12/19
緊張する朝鮮半島情勢下での全拉致被害者救出国際セミナー5

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■