救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

横田めぐみ死亡情報は信憑性なし(2012/06/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.06.16)


 昨日、横田めぐみさんが2004年に死亡しているという情報が報じられた。救う
会ではすぐにその情報を検討したが、信憑性ないという結論を下した。西岡力会
長の分析を掲載する。

■横田めぐみ死亡情報は信憑性なし

     西岡力(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長)

 韓国紙・朝鮮日報が昨日(6月15日)付けで、横田めぐみさんや韓国人拉致被害
者申淑子さんら7人の「死亡確認書」の存在を報じた。「拉致被害者家族会の崔成
竜(チェ・ソンヨン)代表が14日、北朝鮮の消息筋を通じ『北朝鮮から7通の死亡
確認書を入手した』と明らかにした」という。

 早速、同記事を読んでみたが、結論から言うと信じられない情報だ。

 この情報の信憑性を検討するためには、第1に入手されたという文書が本当に北
朝鮮当局作成のものかどうか、金儲けのためにブローカーなどにより捏造された文
書ではないかどうかという識別が必要だ。昨今、多数の捏造された「北朝鮮文書」
が出回っている。特に日本人拉致被害者に関する「文書」は高く売れるという認識
が広まっているのでその可能性が高い。私たちもこれまで複数の捏造文書を購入し
た経験を持つ。

 今回の7通の文書は「筆写本」つまり、文書そのもののコピーや写真でなく、何
者かによって文書の内容が書き写されたものとされる。文書そのものが持ち出さ
れたのではないので、検証は大変困難だ。朝鮮日報はその「死亡確認書」の真偽に
ついて、韓国政府の関係部処と情報当局に対し、確認を要請したが、「判定は難し
い」との回答を得た、という。つまり本物かどうか確認が取れていないと言うことだ。

 ちなみに、韓国の情報機関は2万人以上の脱北者から聞き取った情報をもとに、
北朝鮮文書についてかなり正確に真偽を判定できる。どの機関や組織にどの様な文
書がどの様な書式で保管されているかという情報の蓄積がある。韓国当局の文書鑑
定能力は高い。今回の文書はその韓国当局による確認が取れていないという点で信
憑性がかなり落ちる。

 文書について報じた朝鮮日報もその点については一定の自覚があったようで新聞
社として裏付けを取れた情報ではなく、ただ崔成龍氏というこれまで北朝鮮内から
情報をとってきた実績がある人物が提供した内容を伝えるだけだというスタンスを
とっている。記事に次のような但し書きがある。

〈本紙は関係する部処(省庁)と情報当局に対し、崔代表が入手した文書の真偽
について確認を要請したが「判定は難しい」との回答を得た。崔代表は2000年以
降、韓国軍捕虜や拉致被害者19人とその家族53人を救出する活動を行いながら、
多くの経験や知識、人脈を蓄積してきた。本紙は問題の重大性を考慮し、崔代表が
発表した内容を報道することを決めた。〉

 第2に確かに北朝鮮当局作成の文書だとしても、そこに記載されている事項が事
実であるかどうかの検証が別途必要だ。

 2002年北朝鮮当局は日本政府に8通の「死亡確認書」を提出した。しかし、
帰国した拉致被害者の証言などによりその記載事項の矛盾が指摘されると

「すべて後で慌てて作った物だ。特殊機関が死亡確認書に関する資料を焼却した。
その後『死亡の証拠を出せ』と言われたので作った」

 と説明し、偽造したことを自白している(2004年11月15日、第3回日朝実務者
協議に参加した薮中アジア大洋州局長らが家族会・救う会に報告)。北朝鮮は医師
が署名した「死亡確認書」さえ偽造した「前科」がある。

 今回のめぐみさんの文書では死因は鬱病、死亡時期は2004年12月14日と記さ
れていたという。この記載だけでも大いに疑わしい。鬱病は死に至る病ではない。
2004年11月に北朝鮮は横田めぐみさんのものと称して他人の遺骨を日本に提供し
た。その直後にめぐみさんが死亡したのであれば、本物の遺骨を提供することが十
分可能だったはずだ。

 朝鮮日報の記事では7通の文書のうち2通のみ発行された病院名が明らかにされ
ている。横田めぐみさんの文書が「49号予防院」、申淑子さんの文書が「695病
院」である。2002年北朝鮮が偽造した8通の「死亡確認書」はまさにこの2つの
病院から発行されたものだった。2002年にニセ文書を発行した病院からあらたに
「死亡確認書」が出てきてもその記載事項が事実である保証は何もない。その点
からしても今回の死亡情報の信憑性は著しく低いと言うべきだ。

 「49号病院」は2002年に、「1993年3月13日」にめぐみさんが死亡したと
する「死亡確認書」を偽造した。帰国した被害者の証言でその1994年4月まで
めぐみさんが帰国者らと同じ地域に居住していた事実が明らかになると、記憶違
いだとして文書の偽造を認めている。過去に1回めぐみさんの死亡をでっちあげ
るためにニセ「死亡確認書」を発行した病院なのだ。

 2004年以降も横田めぐみさんが生存しているという情報は多数入手されてい
る。その点からしてもこの文書は信じられない。たとえば、2008年に北朝鮮が
約束した日本人拉致被害者に関する調査やり直しの際に、提供しようと準備して
いた2通目のニセ「死亡確認書」であるかもしれない。

 また、「695病院」は工作員養成学校である金正日政治軍事大学の構内病院で
あり同校学生だけが利用する。工作員や教官、工作機関関係者らは「915病院」
を利用する。申氏は対南謀略ラジオで働かされた経験があるから広い意味では工
作関係者だから915病院を利用した可能性はあっても695病院とは全く関係がな
いはずだ。その点も疑問だ。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/08/04
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告6
2017/08/03
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告5
2017/08/02
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告4
2017/08/01
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告3
2017/07/31
緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会報告2

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3