救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北の砲撃は金融制裁への悲鳴だ−西岡会長「産経正論」(2010/12/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2010.12.16)

下記は12月10日の産経新聞「正論」欄に掲載された西岡力・救う会会長の原稿
です。ご参考までに転載します。


■北の砲撃は金融制裁への悲鳴だ−西岡力・救う会会長

◆効いた金正日資金狙い撃ち

北朝鮮による韓国砲撃は、金正日総書記が、日米韓主導の制裁に個人資金を狙
い撃ちされて上げた悲鳴でもある。米国がこの8月末に始めた金融制裁は、金正
日個人資金を扱う朝鮮労働党39号室と朝鮮人民軍の偵察総局を、テロと犯罪を
行う組織だと名指しし、世界中の銀行に口座凍結、金融取引停止を求めた厳しい
ものだ。金正日個人資金の枯渇を目指す制裁は過去にも効果を挙げた。

北朝鮮は1970年代初め、大規模工業化を目的に、日本や欧州からプラント
輸入などを大量に行いながら代金を支払わなかった。その結果、西側との貿易で
は信用取引をできなくなり、現金決済となった。貿易統計では毎年、数億ドルの
赤字であり、借款提供などもほとんどない。経済学の常識に照らせば、そんな国
は政府も国民も窮乏しなければおかしい。

ところが、ヨットや高級乗用車のベンツ、高級食材のトロ、メロンといった贅
沢(ぜいたく)品と、ミサイル、核開発に必要な資材や部品はなおも現金で輸入
し続けている。統計に表れない外貨収入が毎年、数億ドルは存在するはずである。

90年代初め、現代コリア研究所が徹底して調べたところ、北朝鮮には政府管
轄の計画経済と、労働党39号室が管轄する金正日個人資金経済が併存、後者に
朝鮮総連が多額の脱税や朝銀信用組合を使った不正融資などで年間数億ドルを送
金していることが分かった。

日銀や内閣調査室も本格調査、朝鮮総連が90年代初め時点で年間1800億
円〜2000億円を送金していると判明した。当時、内調幹部から聞いた数字だ。
政府は送金を止めるべく、総連の違法活動の取り締まりに入った。

金日成主席がカーター元米大統領を平壌に招き核開発凍結を約束した背景に、
この日本の制裁もあった。政府は米朝が核凍結で合意すると、締め上げていた手
を緩めてしまう。本来なら拉致問題解決まで制裁を弱めてはならなかったはずだ。

◆総連の不法活動摘発と両輪

その後、バブル経済崩壊などで総連の送金は減ったものの、98年から10年
間続いた韓国の親北左傾政権が太陽政策の美名の下、計100億ドルの対北支援
をし、大半が39号室に収まったという。

そのころ、北朝鮮政府は社会主義計画経済の根幹を成す主食の配給を停止、人
口の15%の300万人余が餓死させられたともいわれる。39号室の懐にある
外貨が放出されたとの話は聞かない。

2005年に安倍晋三氏が官房長官になって、対北圧力の一つ、「厳格な法執
行」を打ち出し、翌年の安倍政権成立とともに、それが拉致問題をめぐる政府方
針に明記され、総連の脱税や不正融資、核ミサイル技術流出などへの厳しい取り
締まりが始まった。

整理回収機構(RCC)が総連を相手に600億円の返還を求める民事訴訟を
起こし、総連中央本部を差し押さえようとした。菅直人政権が11月に決めた拉
致問題対応方針にも「厳格な法執行」は盛られ、日本の制裁は続く。

05年からの米金融制裁は、海外の銀行にさまざまな名義で隠匿されている金
正日個人資金を使えなくする狙いだった。米中央情報局(CIA)によると、金
正日氏は約40億ドルの秘密預金を持つ。それを米国は「テロ資金、犯罪資金」
と認定、世界の銀行に金正日個人資金と取引すれば米銀行との取引は停止すると
脅しをかけた。制裁は総連不法活動取り締まりと車の両輪となり、かなり効いた。

◆体制崩壊に万全の備えを

ライス米国務長官とヒル国務次官補(アジア太平洋担当)はしかし、ブッシュ
前政権末期に目先の成果を欲しがり、金融制裁を解除した。見返りとして得たの
は、用済みの原子炉冷却用煙突の爆破ショーだけで、北朝鮮はその後も、核開発
を着々と進めた。北朝鮮は拉致被害者に関する調査をやり直すという約束も、米
国が金融制裁解除に続いてテロ支援国家指定を解除するや、反古(ほご)にした。

1994年、2005年に続いて39号室資金を標的にした3回目の制裁が今、
かけられている。今回は韓国も制裁に参加している点が従来とは違う。北朝鮮は
今回の砲撃のような挑発を繰り返し、何とか米朝交渉に持ち込み、制裁解除を得
ようとし、中国も狡猾(こうかつ)に手助けしている。日米韓3カ国が結束し、
挑発には懲罰で報いなければならない。制裁解除や支援は北朝鮮が先に実質的譲
歩をしたときに限り、譲歩幅に比例して少しずつ行うという「行動対行動」の原
則を崩してはいけない。

日本は、個人資金の枯渇と健康悪化などで金正日体制が近く倒れる事態を想定
し、中国の影響力をできる限り排する形で北朝鮮を独裁のくびきから解放して半
島全体の民主化と自由統一を達成、拉致被害者を全員、取り戻し、核開発をやめ
させるために何ができるか、万全の備えをすべきだ。特に、「北朝鮮急変事態時、
拉致被害者等救出特別措置法」など、自衛隊を活用できる法的な枠組み作りを早
急に行ってほしい。(にしおか つとむ)

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■菅首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅 直人殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/07/07
トランプ大統領のお悔やみ書簡の意味
2020/07/01
トランプ米国大統領からお悔やみの書簡
2020/06/30
北朝鮮権力中枢部に異変か-金正恩、与正対立説
2020/06/29
ポッテンジャー米国大統領副補佐官からお悔やみの書簡
2020/06/23
拉致被害者の即時一括帰国への道−西岡力

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■