救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

金賢姫の国情院告発と拉致問題(2009/01/23)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.01.23)

1月22日の連続集会では、西岡 力会長代行が、金賢姫の国情院告発と拉致問題
について、また、今年の運動方針について講演した。また、家族会から飯塚繁雄
代表、増元照明事務局長、本間 勝氏、平野フミ子氏が参加し、今年にかける思
いを語った。


金賢姫の国情院告発と拉致問題(概要、全文は次号)


拉致被害者田口八重子さんに日本語の教育を受け、日本人になりすまして大韓
航空機爆破事件を起こした金賢姫氏が、韓国の国家情報院(国情院、元安企部)
を告発した。
北朝鮮が行った謀略は、日本に対してだけでなく、韓国に対しても同時に一体
のものとして行われた。金正日は、一部の日本人だけを返して自分の責任を回避
し、韓国では、金大中・盧武鉉政権時代に、親北派の政府・国情院、全テレビ局
などが北朝鮮の意向を受けて、大韓機爆破事件はでっちあげというキャンペーン
をし、北朝鮮の工作員であった金賢姫氏の存在を抹殺し、韓国の中で拉致に関す
る批判が高まるのを防ごうとしてきた。つまり、大韓機爆破事件と拉致事件は一
体のものとして行われた。
金賢姫氏が、「自分が犯人である」と言っても、韓国では、信用してくれない。
政府とテレビ局などが、でっちあげだとのキャンペーンを行ったからだ。そこで、
10年間表に出なかった金賢姫氏が、訴えを開始し、国情院に謝罪を求め、当時
の担当者の処罰を求めた。
現在、李明博政権になり、事実調査が行われている。
金賢姫氏は、その結果がなかなかでないため、月刊朝鮮誌のインタビューに応
じた。インタビューの中で、西岡代行が予め依頼していた質問にも答え、拉致被
害者田口八重子さんの情報、横田めぐみさんの情報などが報告された。
金賢姫は、「めぐみさんの写真を見た」と言っている。「(金賢姫の同僚工作
員でめぐみさんが日本語を教えた)淑姫とめぐみさんが招待所の中でポラロイド
写真を撮ったのを淑姫が持っていた。それを見せられ た」と。それと、「北朝
鮮から来ためぐみさんの写真が似ている」。つまり、金賢姫はめぐみさんの存在
を知っていた、飯塚繁雄さん、耕一郎さんに是非会いたい、など。(詳細は次号)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2022/11/18
国連総会(第3委員会)が拉致に関する決議を採択
2022/11/15
12月9日(金)に拉致問題国際セミナー
2022/10/31
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告4
2022/10/28
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告3
2022/10/26
全拉致被害者の即時一括帰国を求める国民大集会報告2

■過去のメールニュース■

  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■