救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

07_家族会・救う会の救出運動


脱北した北朝鮮元工作員の証言で、横田めぐみさんの拉致が明らかになったことを契機として、各家族が実名を公表して救出運動を行なうことを決断し、平成9年(1997年)3月、家族会(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)が結成されました。その家族会を支援するために、各地で次々に支援組織「救う会(名称は地域ごとに少しずつ異なる)」が生まれ、平成10年、各地組織が一体となって「救う会」全国協議会(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)として運動を行なってきました。また、平成9年4月、超党派の国会議員により「北朝鮮拉致疑惑日本人救援議員連盟」が、平成14年4月からは「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」が結成されました。さらに、平成12年、全国の地方議員有志による地方議員の会が結成され、その後、各都道府県単位でも地方議員により拉致議連が
結成されるようになりました。

平成14年(2002年)9月、金正日は拉致を認め謝罪しましたが、100人以上と想定される日本人拉致被害者の内、わずか5人とその家族だけを返すことで、拉致問題はすべて決着したと居直っています。

北朝鮮によるミサイル連射、核実験で、国連安全保障理事会は10月に北朝鮮に制裁決議を行うなど金正日政権は追い詰められています。拉致被害者救出運動はこれからが正念場です。皆様のさらなるご協力をお願いいたします。

■家族会役員
代表=飯塚繁雄、副代表=有本明弘、浜本七郎(帰国者担当)
事務局長=増元照明、事務局次長=飯塚耕一郎、横田拓也
■救う会役員(平成22年3月28日現在)
名誉会長=藤野義昭、会長=西岡力
副会長=島田洋一、事務局長=平田隆太郎
幹 事=36の加盟組織から幹事を出し全国幹事会を開催
連絡先=〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
Tel.03-3946-5780 Fax.03-3946-5784
info@sukuukai.jp http://www.sukuukai.jp
■ サイト内検索 ■


■ 目次 ■

■ アンケート集計結果 ■

■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3