救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

7.平野フミ子




みなさんこんにちは。いつも、いつも、私たちを支えてくださって、ありがとうございます。私の父が、「俺は日本を信じる。だからお前も信じろ」と私たちに遺言を残して8年前、10月17日に、るみ子に会えずに、あの世に逝ってしまいました。
私の母は、その時から鬱じゃないかなと思うほどがっくりきて、喜怒哀楽も表せなくなり、長年の膝の痛みも悪化し、本当に大丈夫だろうかという思いです。私は熊本におりますので、たまに行って、叱咤激励しています。前はよく親子喧嘩をしていたのですが、今はその喧嘩も、あの姿をみるとできなくなった、そんな状況が8年間続いています。
でも去年、妹の戸籍を回復しました。妹の失踪は、昭和53年8月12日ですが、55年1月に、「産経新聞」で北朝鮮の拉致ではないかと言われて、私たちはこれ(拉致)しかないと思っていました。だから政府が何かしてくれるだろう、動いてくれるだろうと思って、何も手出しできないというか、個人レベルでは何もできない状態でした。
しかし、法務局から、るみ子の戸籍が、「悪用されるといけないから戸籍を抹消した方がいいだろう」ということで、父は断腸の思いで、生きていると信じていたのですが、戸籍を抹消しました。
でも去年戸籍を回復して、日本政府が生きているから返せという時に、家族が戸籍を抹消していたらその証にならないということもあり、戸籍を回復させていただきました。地方の法務局や自治体にも色々お世話になりました。
その時から母は、元気になりました。長年ヤクルトの配達を歩いてしていたものですから、体重が膝に負担をかけていましたので、今、歩行困難の状況ですが、毎日の治療にも前向きになって、「るみ子に会えるまでは頑張らんといかん」と常々言っています。
私も、絶対に母にだけは会わせて、天国にいる父に、「戸籍を回復したんだよ。るみ子も帰ってきて孫もうてね」という話を絶対にさせてあげなければいけないと思っています。
父が最後に残した「日本人を信じる」ということは、国民の皆様を信じるということだと思います。拉致問題に関心を寄せる人が少なくなりましたが、今ここにいる方がいる限り、私たちは頑張れます。絶対にあきらめることはありません。どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

西岡 増元るみ子さんと一緒に拉致された市川修一さんは23歳でした。現在55歳。両親を大切にして、心優しい男性だったそうです。初ボーナスで高価な大島紬をお母さんにプレゼントしたそうです。一昨年、修一さんを待ち続けていたお母さん、トミさんが亡くなられました。95歳になられる最近のお父様の様子をお伝え下さい。



目次
第一部
1.増元照明
2.飯塚繁雄
3.平沼赳夫
4.中井 洽
5.古屋圭司
6.竹内 譲
7.泉田 裕彦
8.深井 明
9.荒木 和博
10.崔 光奭
11.バンジョン・パンジョイ
12.海老原智治
13.上田清司(メッセージ)

第二部
1.増元照明
2.西岡 力
3.横田早紀江
4.横田滋
5.有本明弘
6.飯塚耕一郎
7.平野フミ子
8.市川健一
9.松木信宏
10.松本 孟
11.寺越昭男
12.北野政男
13.横田 滋
14.横田早紀江
15.横田哲也
16.本間 勝
17. 有本嘉代子
18. 市川龍子
19. 斉藤文代
20. 増元照明
  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3