救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する朝鮮半島情勢の下で拉致被害者救出を考える」全報告



◆遺骨を焼いてDNAは分かるがいつ死んだか分からない温度を研究

西岡力(救う会会長、麗澤大学客員教授)
 私はストックホルム合意の時に繰り返し、北朝鮮の内部で、ある人間の遺骨を焼いたら、何度で炭素がでなくなって死亡の時期が分からなくなるのか、何度でDNAが出なくなるのかの実験をしている、と。
 ある温度で焼くと、DNAは出るが炭素が出なくて、この骨が誰の骨かは分かるが、いつ死んだか分からない温度帯がある。そういう実験をしているということは、逆算すると本物の遺骨を出そうとしているかもしれない。
 家族を前にこういう話をして申し訳ないですが、でも深刻な話なのです。生きている人を殺して、焼いて、「遺骨」にする。DNAは出てくるから確定できるが、炭素が出て来ないのでいつ死んだか分からない、というようなことをやろうとしている。外国の病院にまで行って実験しているという情報があったので、とても危険で、だから「調査など必要ない」と言ったのです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■