救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する朝鮮半島情勢の下で拉致被害者救出を考える」全報告



◆「死亡の8人」は返さず解決を狙う北朝鮮

西岡力(救う会会長、麗澤大学客員教授)
 今までに言えなかったことで、今後起きること、そして警戒すべきことについてお話します。今日の話で、国際情勢の中では北朝鮮は追い込まれていて、国際制裁が一定程度効いている。北朝鮮が核を放棄しそして拉致被害者を返す決断をするためには強い圧力が必要だが、今圧力がかかっている。本当に政権が倒れるところまでいくかどうかも見なければなりませんが、仮定の話として、強い圧力がかかって決断をした場合にも、まだ我々にとって安心はできない面がある。
 先ほどお話したように、北朝鮮の内部では、拉致問題が日本にとって重要な問題で、日本からお金を取る時には、彼らの言う「解決」をしなければならないとは考えています。色々準備はしているんです。
 しかしその準備をしている統一戦線部は、全員返す側ではない。先ほど横田めぐみさんと田口八重子さんが一番難しいと言ったのは、その二人は統一戦線部に所属している工作機関の学校でスパイに教えていたわけです。その人たちは日本人になりすまして今活動しているかもしれない。金賢姫さんと金淑姫さんに教えたことは分かっていますが、その後誰に教えていたか名前が分からないんです。
 しかし、めぐみさんが帰って来ると誰に教えていたか知っているわけです。八重子さんが帰ってきても同じです。パスポートを持って日本のどこかを歩いているかもしれない。自衛隊の中に入っているかもしれない。あるいは韓国にいるかもしれない。
 そのことのことを知っている人を返すのか。しかしそれをさせなければならない。そのためには、そのスパイを引き揚げさせて安全を確保した後返すと思います。北朝鮮の内部でそういうことが検討された時期もあったと聞いているんですが、しかしそれに一番反対するのは工作機関です。
 例えば宋日昊(ソン・イルホ)という人がいますよね。「週刊文春」なんかに出てきて、増元さんが怒って反論を書きましたが、ああいう人たちのグループです。物事が動いた時に北朝鮮は、「日本は無理を言っている。死んだ人を生き返らせようとしていると言っています。もう死んでいるということで解決させたいというグループがいる。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■