救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

全被害者の即時一括帰国を!特別集会



◆このチャンスをものにしたい

中山恭子(拉致議連会長代行、希望の党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣、参議院議員)
 皆様、こんばんは。急なお声かけだったと思いますが、このように多くの皆様にお集まりいただき、ありがたいことだと思っています。
 松本京子さんや横田めぐみさんが拉致されたのが1977年ですから、その時から既に40年が過ぎています。横田ご夫妻がまだずっとお若い感じの時、テレビに出て、「めぐみさんをどなたか見つけたらお知らせください」という訴えをなさっていた。そのテレビを見たことがあります。
 1988年には、梶山(静六)国家公安委員長が、多くの若者が姿を消している問題について、「北朝鮮が絡んでいる可能性が濃厚である」と言う発言を国会でされています。にも拘わらず、まだその後若者たちが拉致され、被害者の家族の方々が、そんな思いでテレビで自分のお嬢さんの行方を探していた。
 なんとも言えず辛い。なぜ日本は拉致された被害者を、徹底して最初から救出にあたってこなかったのか。独立国家じゃないじゃないかという思いで、ずっとこの問題に関わってきました。
 先生方が既に色々お話してくださっていますので、私からは米朝協議の共同声明を読んだ時の直観と言ったらいいのか、政府にはいっていませんのできちんとした情報を持っていませんが、あの共同声明を読んだ時の印象を申し上げたいと思います。
 米朝はいくつかのテーマを声明に入れていますが、4つのことが掲げられています。西岡先生が「産経新聞」に、玉虫色の米朝合意だという表現を使っておられましたが、まさにその通りで、この共同声明は非常に曖昧模糊とした声明だと思っています。
 ただ、トランプさんの立場に立って考えると、アる意味でわかりやすいことを主張していると思っています。声明の4つの項目の内、トランプさんがはっきりとコミットしたのは、「アメリカと北朝鮮は、平和と繁栄を望む両国民の願いに従って、新しい米朝関係を樹立する」という最初の1項目だけと感じました。
 トランプさんが関心があるのは、休戦協定を平和協定に変える、この点だけではないかと思いました。
 2番目は、「平和体制を築くために協力して取り組む」と書いてありますが、この「協力して取り組む」というのは現在形で、また意思があるように見えますが、英語で読むと、「will join effort」で、一緒に努力していくでしょうとあります。大統領が本気でこれをやるという意思が全く伝わってこない文章です。
 3番目は、「半島の完全な非核化に向けて取り組む」とありますが、これも「work toward」で、その方向に向かって働いて、動いていきましょうということで、「働きます」ではないんです。
 4番目は遺骨の問題です。この4つの項目を見ると、トランプ大統領の関心は、休戦協定を平和協定に変えることでしかないのではないかと、直観ですので確信はないのですが、そのように読み取れるところがあります。
 そうであれば日本はどうしたらいいのか。私が(拉致を)担当していた時は、アメリカは民主党政権でしたが、協力していだだける国にはみなお願いして回りましたが、アメリカに行き、民主党のブレーンの方にお会いして、「アメリカと北朝鮮が新しい協定に動く時に、必ず日本の拉致問題を条件の一つに入れてください」とお願いをしました。
 その時、ブレーンの方は、「そんなことは」と言うかと思っていましたら、決してそうではなく、「pressure us, pressure us」と、もっとアメリカに圧力をかけろとおっしゃってくださいました。
 民主党政権から共和党政権に代わっていますが、そうであっても、トランプ大統領に対しては、アメリカと北朝鮮の間で休戦状態を終わらせようという意思があるのであれば、その時に必ず日本の拉致被害者救出ということを条件に入れてくださいと、アメリカに対して強くお願いをすることも必要だろうと考えています。
 もちろん、安倍総理と金正恩委員長の間での話になると思います。本当にありがたいことに、安倍総理がこの問題に本当に真剣に取り組んでくださっていますので、この時を逃してはチャンスはなかろうと思っています。
 是非安倍総理にみんなで、北朝鮮に対して拉致問題を解決するように働きかけてくださり、結論まで持っていってくださるようお願いすると同時に、アメリカに対して、拉致問題に関してだけはトランプ大統領と金正恩委員長との取り引きのなかでも、やってくださいと強くお願いしていく必要があると思っています。
 核問題については3項目で言っていますように、それほどの関心がないのかなという思いがあります。アメリカ向けのものは全部取り外せ。後については努力しましょうみたいな感じでおられるかもしれません。
 それほど遠い世界ではない。トランプ大統領は、そんなに悠長な方ではなさそうですので、意外と早く動く可能性があると思っています。どうぞ政府の皆様、そして応援してくださる皆様、このチャンスは決して逃してはならないと思っています。
 どうぞ多くの人々が拉致問題の解決、解決とは私はあまり言いたくなくて、被害者の帰国に向けて力を合わせ、このチャンスをものにしていきたいと思っています。被害者のご家族の皆様も、もう少しと思います。どうぞ耐えていてください。
 そして皆さん、くれぐれも宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
西岡 次に、拉致議連の幹事長で、元拉致問題担当大臣の松原仁先生もかけつけてくださいました。宜しくお願いします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■