救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「緊迫する北朝鮮情勢のもとで拉致被害者救出を考える」全報告



島田 今の趙甲済さんと古森さんの話を踏まえて西岡さんどうですか。

◆米軍の対北心理戦が続行されている

西岡 力(救う会会長)
 北朝鮮とアメリカの関係の現段階は、先ほど趙先生は「核除去かあるいは抑止か。核除去には軍事攻撃以外にない」とおっしゃりながら、しかし3つ目として、金正恩が外部で除去される可能性についておっしゃいました。
 私はこの3つ目の、金正恩が外部で除去されることを通じてアメリカは核除去を狙っていると思います。それが心理戦です。すでに米軍は5030という心理戦の作戦計画を2000年代に作っています。
 50というのは米太平洋軍ですが、次に2で始まるのが米韓軍の作戦計画で、3で始まるのが米軍だけの作戦計画です。北朝鮮の内部矛盾を高めて政権を崩壊させる。それは攻撃ではない手段で。そういうことで偽札や麻薬などをやっています。
 奄美沖に工作船が来た時に、これは私は確実な情報として聞いているんですが、第1報は米軍から来ました。「毎回教えてくれるんですか」と聞くと、そうではないと。アメリカの軍事衛星で、キューバからカリブ海に麻薬を運んでいるのは全部分かりますよ、と。しかし、衛星は犯罪取り締まりには使わないそうです。
 しかし、5030作戦計画の枠内ならば使うことがあるということがその時、分かりました。その時ステルス戦闘機が平壌上空まで行っています。これは米軍の新聞に、ステルス戦闘機のパイロットが、「私にとって一番重いのがその作戦だった」と言っています。
 それ以外にも、5030について解説をしてくれた海軍情報筋も言っていましたので確実です。だから金正恩は、「今も来ているのではないか」と思っています。それは5030で、2000年代よりももっと強いことをアメリカが、軍だけでなく国家レベルやっているということです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3