救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆私たち家族が元気なうちに、妹が元気なうちに、日本に帰れるように

松本 孟(松本京子さん兄)
 みなさんこんにちは。今年もあと20日間ほどになりましたが、38年間、帰る日を今か、今かと待って、この年まできてしまいました。新聞等によりますと、(妹は)北朝鮮で病気をしているという情報もあります。確かな事実でしょう。
 しかし、病気をしていることが理由にはならないと思いますが、家族として、妹が病気でいるということになれば居ても立ってもいられない。政府の方に救いを求めたい。そして無事に元気で日本に帰ってこられることが主眼だと思いますので、政府の方には大変ご苦労ですが、是非とも私たち家族が元気なうちに、また北朝鮮で暮らしている妹が元気なうちに、日本に帰れるようにしていただきたい。
 この38年間、私の場合は、いつ帰ってくるのだろうかと、そんなことばかり思って暮らしてきました。その兆候は見られませんが、妹が帰ってくるまではなんとか恥をかかないように、病気をせずに暮らしていきたいと心がけています。是非皆さん方のお力添えをいただきたいと思います。ありがとうございました
(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3