救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する南北情勢の中で拉致問題を考える」全報告



◆全力をあげて取り組んでいく決意

上田勇(公明党拉致問題対策委員長)
 みなさんこんにちは。今日はこの国際セミナーに多くの皆様方にご参加をいただき、大変ありがとうございます。
 冒頭、西岡さんからもお話がありましたが、この拉致問題には国民全員が怒っている。そして、拉致被害者の一日も早い帰国を国民として望んでいるんだ。強い決意で臨んでいるということを示していくことが重要であり、その意味から今日はセミナー、明日はシンポジウムが開かれますが、そうした運動を続けていくことが重要だと考えています。
 先ほどからお話があった通り、全く問題解決に向けての前進がない。極めて痛恨の思いです。そして今日も多くのご家族の方がご出席ですが、その心を思う時に、本当に心が痛むばかりです。何としてもこの問題を前進させ、解決に向けての着実な歩みが進みますよう、私たちも全力をあげて取り組んでいく決意です。
 先ほど、加藤大臣からお話がありましたが、国際社会における関心の高まり、また問題解決に向けて気運が高まっていることは間違いないと思います。国連での度々の決議もありました。それに基づいてわが国としても独自の制裁措置を決定しました。
 今後は国際世論、政府だけではなく、多くの関係する国の人々にも、この拉致問題、北朝鮮の人権問題がいかに重大であるかをもっと啓発していかなければならないと考えていますので、引き続き議会も協力をさせていただき、この問題の解決に向かっていこうと願っています。
 問題の解決には国際的な協力も必要です。その意味で政府、議会もしっかり協力して取り組む決意です。
 先日、国連のキンタナ特別報告者に拉致議連の役員とともにお会いさせていただきました。キンタナ氏は国際機関における経験も豊富で、人権問題に取り組んできた実績もある人ですので、拉致問題を含む北朝鮮の人権問題を是非解決したいとの強い決意を感じました。我々も力を合せていきたいと思っています。
 拉致問題の交渉に当たるのは政府ですので、政党としてできることには限界があることは事実です。しかし、今安倍政権においてはこの拉致問題を最重要課題として解決に向け取り組んでいるところですので、その取り組みをサポートしていく、そしてまた、時にはもっとしっかりやれと激励もしながら一緒に歩んでいきたいと思っています。
 また皆様には全国各地で、国民に対する啓発活動に大変努力していただいていますが、私たちもそうした運動にしっかり協力していきたいと思っています。公明党もこの問題解決に向けて取り組んでいく覚悟ですので、皆様とも力を合せて一日も早く拉致被害者の皆様の帰国がかなうように努力していきたいと思っています。どうか宜しくお願いいたします。今日はありがとうございました(拍手)。
西岡 ありがとうございました。参議院の先生方がかけつけてくださいました。次に、山谷えり子・自民党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣、拉致議連副会長、参議院議員にお願いします。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3