救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ−特別集会全報告



◆拉致問題を第一優先で

飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)
 ご協力いただき感謝します。あらゆる情勢、情報を吸収しています。拉致問題については当然ですが、北朝鮮を取り巻く問題がやたら多いんですね。これは総理をテレビで見ているとすぐ分かります。とにかく拉致問題を取り巻く色々な情報、情勢は、我々にとってはややこしくて、実際に分からない部分が相当あります。
 そういう中から何をすべきかを判断していくわけですが、私が常に言っているのは、拉致問題最優先という言葉です。最近は第一優先と言っています。そうだとしたら、どんな状況下にあろうとも、拉致問題を第一優先にしてくださいと声を大にして総理も言っています。
 この問題が片付かなければ、拉致の問題も解決できないのか、そういう順番になってしまいます。先ほど西岡さんからも話があったように、北で家族が生きて待っている。そういう状況がまのあたりにある。ですから、他の問題をさて置いてもと言っては失礼ですが、より先にやるべきだということは絶対に政府の方々にも、特に総理大臣は分かっていると思うんですが、声を大きくして言っていきたいと思います。
 今、北朝鮮とのパイプは切れていないという話もよく聞きます。これは安倍総理と北との水面下での細いパイプがつながっているのではないかとは思います。最近言っているように、単なる協議だけではなく、被害者を取り返すための実質的な協議を早くしてくれないと困るわけです。
 これは難しいかもしれませんが、どういったすべがあるのかということを色々模索しますが、これについては我々がこうしてくれというようなことはなかなか言えません。
 政府は北朝鮮に対し協議を強く要請しているという話はよく聞きます。本当にしているのかと、先ほどの話にもありましたが、何がハードルになっているのかということも考えなければなりません。北朝鮮に向けての実質協議、あるいは帰国に向けての色んな情報について、より具体的な協議を本当にしているのかということを私は心配しています。
 いかにして金正恩に日本人を返す決断をさせるか。それから、それぞれの問題、それぞれのイベント等が日本人の帰国に直接つながってくるのか。この2点を私たちはターゲット・ポイントという意味で注視しています。
 難しい問題と思うんですが、私たちとしては、単に家族が帰ってくればいいんです。どんな方法であろうとも、です。極端な方法も色々ありますが、どんな方法であろうと家族が帰ってくればいいわけです。それが実現できるとなれば、今後ともこんな問題が二度と起こらないような日本につながると思います。
 国連関係でも色々やってきましたが、先日カービーさん(元北朝鮮における人権に関する国連調査委員会委員長)にも会って、「北朝鮮の人権に関する国際世論が段々高まっていますが、問題は中国です。中国が人権問題を真剣に考えるかどうか。それをターゲットに今後も是非活躍してください」と言ったら、「明日行くから言っておきます」と言っていました。
 そういう邪魔な問題もあるんですが、私たちとしては、身体の続く限り頑張っていきますので、色々な面でまたご支援ください。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3