救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ−特別集会全報告



◆議会が圧力をかけないと国務省も外務省も動かない

島田洋一(救う会副会長・福井県立大学教授)
 アメリカは非常に多様な社会ですから、トランプ氏とヒラリー氏が同じ国の大統領を争っているとは思えないくらい荒れています。先ほどの外務省の問題もこの後議論になると思いますが、アメリカでいうと国務省と日本の外務省の関係。これは悪の枢軸というか、宥和の関係と言うべきじゃないかと思います。
 これまで拉致に関しては、国務省が基本的に仕切ってきた面があると思います。スネドン氏のケースについても、スネドン氏がいなくなったのは中国ですから、そして中国が「崖から落ちで死んだのだろう」と言っているわけですから、国務省としては、「そんなことはない。もっときちんと調べろ」とか、中國との間でもめたくないから、国務省はスネドンさんのケースを追及してこなかった面が強いと思います。
 だからこそ、議会が圧力をかけて動かさないといけないという判断で、古屋圭司元大臣などが何度もアメリカに足を運んで、向こうの議員を動かして決議案を作らせたという方向にいったわけです。
 古屋さんが向こうの議員に説明する際に、「日本でも同じだった。外務省は当時拉致問題なんか全然取り上げたくなくて、『国交正常化の障害だ』という認識だった。それを議員連盟が中心になって方向を変えたんだ。アメリカも是非議会が先頭に立って動かしてほしい」と言っていました。
 現に決議案が下院を通りましたから、また新たなケースが浮上してきていることも話しましたが、やはり議員がどれほど強く動き出すかです。
 それから先ほども少し触れましたが、イランと北朝鮮のコネクションの件ですが、民主党はイランは反省して核を凍結して文明社会の一員としてやっていこうという姿勢なんですよ」と。オバマ大統領なんかは自分がやったイランとの合意が失敗だったと言われると困るので、今やかつてのクリストファー・ヒルみたいです。イランのやることは何でも弁護しています。
 ヒラリーさんは、オバマ氏の合意は成功だったと言っているので、ヒラリー政権になると、イランと北朝鮮との関係は、怪しい話が出てきても握りつぶすんじゃないかという恐れがある。
 その点だけに限れば、トランプ氏は「イラン合意は俺が大統領になったら破棄する」と言っていますが、ヒラリー政権になるでしょう。共和党議員は、全員がイランとの核合意は失敗だったという意見です。これも議会がどれだけ圧力をかけるかが、イラン・北朝鮮コネクションをいかにつぶしていけるかのポイントになると思います。日本の有志議員とアメリカの有志議員が連携する方向も、積極的に進めてほしいと思います。
櫻井 日本の外務省が主導するストックホルム合意について、一部の議員はこの道が正しいと言っていますが、これについて日本の拉致議連や自民党政府の考え方は今どう変わりつつありますか。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3