救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆日本人として悔いを残さないためにも、情報があったら連絡を

松本 孟(松本京子さん兄)
 皆さん、こんにちは。拉致されて今年で38年経つわけですが、未だに消息が分かりません。大変心配しています。
 核とミサイルと拉致と、なぜ分けるかと言いますと、拉致問題というのはこれといった証拠がないんです。昨日も警察の方が家に来られましたが、私がこの拉致問題を12年間やっているんです。未だに自動車で連れて行かれたのか、暴力だけで連れて行かれたのか、誰かに引っ張られてつれていかれたのか未だに分からないんです。
 警察の方たちが色々調べられて、それなりの証拠に近いものが上がってくるんですが、これという決め手が全く見えてこない。ある人に言わせると、「これは温泉の砲ではないか」と。ある人は、「境港の方ではないか」と。
 年月も経っているので記憶もあいまいです。おっしゃることもあいまい。聞いて一番うろうろしているのが警察の方です。12年間やって未だに分からないんです。
 私は警察の方と色々な話をするわけですが、私もいつ、どういうふうにして連れて行かれたのか、どこに連れて行かれたのか、未だに分からないんです。如何にこの拉致問題が難しいか。そう簡単に分からない。
 だからここに荒木さんがいらっしゃいますが、特定失踪者は400とか500とか言われていますが、実際には1000くらいの方がいらっしゃるのではないか。皆さん方が普段目につかないところで、色んな所に連れて行かれているのではないか。むしろそういう方の方が多いのではないか。そのようにも思います。
 このことがあとあと、非常に大事なことになってくるのではないか。今日お出での皆さん方も多少そういったことを聞かれたことがあるかも分かりません。日本人として悔いを残さないためにも、あの時あの人がどこかに連れて行かれたという話を聞かれたら、荒木代表もいらっしゃいますので、是非報告してください。
 もし北朝鮮に拉致されたことが分かれば、耳にしたことがあれば、荒木さんまで連絡していただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3