救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆メッセージ

上田勇(公明党拉致問題対策委員長、拉致議連副会長)(代読 西岡力)
「最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」の開催に当たり、公明党を代表して一言ご挨拶申し上げます。本日は、「国民大集会」に全国からご参加の皆様、誠にありがとうございます。
 本日、同時刻に公明党全国大会開催のため出席できませんことをお詫び申し上げます。
 技致問題解決に向けて目立った前進が認められない現状について、ご家族・関係者の皆様の悲痛なご心情を思うに言葉になりません。
 安倍内閣は拉致問題解決を最優先課題に位置付けています。公明党として、「圧力と対話」、「行動対行動」の基本方針に基づく内閣の取組みを支持し、全面的にサポートしていく決意です。今日、北朝鮮情勢は、核開発やミサイル発射、国内政情の混乱など混迷を深めています。国際社会との綿密な連携を図りつつ、さらに圧力を強めていく中で、解決の道筋が見えてくることと確信しています。
 問題が長期化する中で、国民の関心を高め、世論を喚起していくことが、政府の交渉を後押ししていく上で極めて重要です。家族会・救う会・拉致議連はじめ、「オールジャパン」で一致協力して、日本国民の怒りをはっきりと示していこうではありませんか。
 拉致被害者全員が、一日も早く帰国し、ご家族と再会できる日が実現することをめざして、皆様と連帯して、全力を尽くし続けていくことをお誓いいたします(拍手)。
西岡 続いて、本日出席の国会議員の先生方を紹介していただきます。拉致議連事務局長代理の笠浩史先生、お願いします


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3