救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦は続いている!制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会 全報告



◆まずストックホルム合意を破棄せよ

松原 仁(民進党拉致問題対策本部長代行、元拉致問題担当大臣、拉致議連幹事長)
 私は、今政府がやるべきことは、一義的にストックホルム合意を破棄することだと思っています。一番問題は何かと言えば、この合意がなされた時に、極めてこれはおかしい、これでは拉致問題は解決しないのではないかという声が、家族会や救う会、そして議連の中からも上がりました。
 その内容も極めて問題で、拉致・核・ミサイルについて当然我々は言っているわけですが、いわゆる日本人妻の問題や骨の問題が一緒に並んでいる。これ自体が、まったくもって拉致問題の本質をすりかえる議論のもとになるのではないかという危機感を多くの同志が持ったのは当然です。
 しかもこのストックホルム合意がなされてからこれまでの時間の経過の中で、相手は特別の調査委員会を作ると言いますが、作る必要なんかないんです。初めから分かっているんです。作ると言うならば、死んだ人が生きていたというためのレトリックとしては必要だろう。
 しかし、それを止めるという馬鹿げた茶番劇にこれ以上付き合う必要はないということです。我々は怒っているんだということが、どのようにしてあの国に伝わるのかということがポイントです。
 もちろん皆さんがこうやって砂防会館に集まり、怒りを出すのは大変重要なことですが、少なくとも政治の世界においてこのストックホルム合意を破棄しない限りにおいては、私は日本が本気で怒っていると北朝鮮は考えないのではないかと思っています。
 従って私は、ストックホルム合意を破棄してほしいということを、かねてから言っているわけです。その上で、ストックホルム合意を作ったのは誰なのか。もちろん内閣全体という話です。しかし、その中心にあるのは、一貫して外務省であるのを我々は承知しています。
 中山恭子さんも言っていますが、外務省ではなく違うところが、本気で、命がけで専門的にこれをやって解決することでなければ、私は外務省もいいことをやっていると思います。
 しかし、拉致においては、私は外務省が前面に出ている限り、北朝鮮がどこまでこの問題に向き合う気があるのか極めて疑問を感じています。そういうことを含めると、まずストックホルム合意の破棄、これは外務省の面目がつぶれることになるかもしれない。しかし、つぶれるようなことをやってきたわけですから、政府においては、北朝鮮に対する怒りをこめてこれを破棄するところからまずスタートする。
 制裁を強化することも必要かもしれませんが、怒りを伝えるためには、破棄しなければいけないと思っています。
 言うまでもなく、今拉致被害者の家族の皆さんは高齢化し、本当にある意味において戻ってこられた時にお互い抱き合って迎えられるのか。そういう状況になりつつあると危惧の念を持っています。時間との戦いです。
 環境的には、北朝鮮が今暴走してなかなかこの問題が簡単にいかない状況にあります。しかし、我々は北に向かって、どういう風なことをすれば、日本が一定の解決と見なすのかということをやらなければならない。内々加藤大臣のもとでやっていると思いますが、北と交渉をするには具体的なそういうことを提示する必要がある。
 私は自分の拉致担当大臣時代から言っていましたが、それを提示しながら具体的なアクション・プログラムを作っていくことが必要だと思います。同時に、拉致問題の風化ということが言われている中で、北朝鮮は拉致問題が風化してしまうのを待っているわけです。風化しないことを示すために、私は加藤大臣にご理解をいただいて、拉致問題を恒常的に、例えばテレビ等で週1回扱うというようなことをやって、常に北朝鮮に対しメディアを通しての圧迫も必要ではないかと思います(拍手)。
 こういうことをやっていく中で、我々が本気で怒っている、真剣であるということが北に伝わる。今のタイミングは北が暴走していますが、そういうことを通して拉致問題に真摯に向き合うことになると思っています。
 北に対しては私は怒りを持っていますが、この場にいる加藤大臣にご理解をいただきながら、ストックホルム合意を止めることから我々はキック・オフして、これからの若干の時間の中で、全力で時間との戦いをすべきだと思っています。私もそういうことであれば、全力で支援をしていきたいと思っています。ともに頑張りましょう。終わります(拍手)。
西岡 ありがとうございました。次に、日本のこころを大切にする党代表の中山恭子先生、お願いいたします。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3