救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!国民大集会報告



◆拉致被害者救出に的を絞った交渉を政府の中で進めていくことが必須

中山恭子(次世代の党拉致問題対策本部長)
 今外務省が交渉している北朝鮮の相手の人々は、それ以外のことは決してできません。従って、拉致被害者を帰国させる交渉をするのであれば、この交渉は一旦打ち切らなければ、北朝鮮の中で拉致問題に関わって、拉致被害者の帰国について話ができるような交渉相手が出てこない限り、はっきり見えていることですので、日本政府の中でももっと冷静に客観的に判断していただきたいと思います。
 外交交渉は、日朝国交正常化交渉はもっと後にしてもらって、その前に拉致被害者救出に的を絞った交渉を政府の中で進めていくことが必須のことだと考えています(拍手)。
 今、岸田外務大臣も、山谷拉致担当大臣も、本当に一生懸命してくださっています。でも、被害者を救出するためには、北朝鮮の交渉相手が変わらない限りは無理だということをしっかり認識していただき、今の交渉とは別に、北朝鮮に対して拉致被害者の救出だけに焦点を当てた交渉をしていただきたい。
 今この交渉を専担で交渉する大臣がおられません。みなさん色んな問題を抱えて、忙しい中で必死で動いてくださっているわけです。大臣でなくてもいいですから、総理っ直轄でこの問題を担当する政治家の方を置いていただきたいというのが、昨年からの心からの必死のお願いです。
 もう一つ。今の安保法制にかかわりますが、いざという時にアメリカに救出を頼むという総理の言葉もありました。もちろんこの段階ではそれしかないわけですが、拉致されて被害に遭って監禁されている、そういう人々を救出するのは母国しかありません(拍手)。母国日本がしっかりと救出するという、はっきりした意思と行動を取らなければ、これは国際社会の中でも恥ずかしいことですし、拉致被害者を救出するのは日本人以外に、日本国政府以外にはないということをはっきりと申し上げたいと思っています(拍手)。
 なんとか救出に向けて、政府、国会が一体となって、また皆様のお力を得ながら頑張りたいと思いますので、どうぞこれからも気を抜かずにご支援くださいますよう、心からお願い申し上げます(拍手)。
櫻井よしこ
 中山さん、ありがとうございました。中山さんのメッセージを是非、政府・与党の中でお考えいただければと私も思います。
 次に、日本を元気にする会の拉致問題対策本部長で拉致議連副会長の井上義行さんにお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3