救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北の「特別調査委員会」をどう見るか−東京連続集会80 全記録



◆めぐみさんたちは北朝鮮で拉致調査の聞いている

 一方で、何人かの人を返すとか、何人が生きているとか、色々な報道があります。裏交渉がなされていることは間違いないと思うんですが、その裏交渉の中で向こうが数字を言ってきたとしても、「それではだめだ。全員だ。全被害者は譲れない」という交渉がなされているのかどうか。
 前回から今回まで12年かかったわけです。蓮池さんたちが12年前に帰れたということを、多分めぐみさんたちは北朝鮮で聞いていると思います。そして今回は、拉致に関する調査で合意したことが北朝鮮のテレビでも流れました。被害者も当然、そのニュースを聞いているのではないか。
 曽我さんは、1990年の金丸・田辺訪朝団が来た時、「テレビでそのニュースが流れた時、日本の政治家が来たのだから必ず私のことが議題になっているのではないかと、心の中で期待していました」と。
 12年ぶりに、めぐみさんや八重子さんたちが今期待しているのかなあと思います。あるいは名前も分かっていない未認定の被害者もそうだろうと思います。ここで何人かの人たちを取り返すことができなかったら、その人たちの精神状態はどうなるだろうか。絶望というのが人間の健康状態には一番悪いわけです。
 何人かでもいいという交渉を絶対させてはならない。その部分については、政府の方針にある通り、「認定の有無に関わらずすべての被害者の安全を確保し、即時帰還を求める」という決定を絶対に守ってほしい。外務省に強く言いたいところです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3