救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会79」全記録



◆集団的自衛権が少しでもできれば大きな前進


 明日混乱事態が起きる可能性もあるわけで、そういう点では私は潮さんと少し違って、2番目は×で、1番目は半分可能としましたし、安倍さんは国会でA案とB1案はやらないと明確に言ったということだけでがっかりはできない。
 最低限B2案の準備だけはしておいてほしいと思いますし、そうでないと困ると思います。
 その点で一言。もちろん私も、限定的であれ、いわゆる集団的自衛権の行使がかぎかっこ付きで容認されているということになるのであれば、それすらできないことと比較したら100倍ましですから、現在の安倍政権のその方向性は断固支持しています。
 さきほどは、敢えて拉致問題の観点から見て、ダメ出しをするとそういうことだという趣旨ですが、まさに西岡さんが言ったことでは、これは中継されていますのでオフレコとしっても仕方がないですが、ざっくり言ってしまえば、自民党幹事長から直接聞きました。
 今出ている共同作戦計画の中身を教えてほしいとアメリカ政府の高官に直接聞いてみたが、返ってきた答えは、「集団的自衛権すら行使しないような国に何でそんなことを教えなければならないのか」とはっきり言われたそうです。
 ですからまさに西岡さんが言われた通り、限定的であれそこに突破口が開けるのであれば、拉致問題の解決も含めて、この問題がよりよい方向に向けて進んでいく大きなインセンティブになると思います。
 B2案では、現在も韓国に派遣されている防衛駐在官がいます。韓国のオフィシャルな見解では、北朝鮮も韓国領だと思いますので、例えばそのような行動に彼らが同行することは、憲法が禁じている武力の行使に当たるというような解釈は、常識的に出てこないと思いますし、現在の政府の政策でも、取りうる有力な具体策ではないかと思います。
西岡 今の件についてどうですか。
惠谷 防衛駐在官が従軍するというようなことは本質的な任務ですから、憲法の解釈がどうあろうが、そうすべきだと私は思います。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■