救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「もう我慢できない。今年こそ結果を!国民大集会」全記録



◆自由を享受するまで

横田哲也(横田めぐみさん弟)
 みなさんこんにちは。お忙しい中ご来場いただいたことにまず御礼申し上げます。
 先般、日朝局長級協議が行われましたが、半歩くらい進むと思いきや、最近のマスメディア情報によれば、もし核実験を北朝鮮が行うようなことがあれば局長級協議は凍結、並びに制裁強化をすると書かれていました。
 どうなるか分かりませんが、もしそのようなことになってしまえば、半歩前進どころかまた元に戻ってしまうということで、我々にとっても非常にマイナスであると同時に、北朝鮮の国民にとってもマイナスであることは言うまでもないことです。
 金正恩は国のトップということもありますが、国民の命を預かるものとして、判断がどれほど重いのか再度認識してほしいと思っていますし、くだらない面子にこだわることなく何が大事かということを理解してほしいと思います。
 また、先ほど増元さんがおっしゃったように、ここに朝鮮総連の関係者もいらっしゃるんでしょう。また工作員もいるのかもしれませんが、本国に、「これはやばいぞ。このままでは壊滅するぞ」と是非言ってほしいと思います(拍手)。絶対私たちは許すつもりはないですし、許しませんから本国に伝えてほしいと思っています。
 一方、我々日本政府においても、代表交渉は命をかけた戦いですから、どうすることが解決に向かうのかということを知恵をしぼって望んでほしいのですが、相手の嫌がることをすることこそが譲歩につながると思っていますので(拍手)、制裁強化はもちろんですが、朝鮮総連本部の土地売却問題は、外国人が使うことは国内法上難しい問題をはらんでいますが、どのような戦略、戦術で効果的な作戦になるのかを全員で、一丸となって考えてほしいと思います。
 安倍内閣なくして誰も解決する人はいません。安倍総理、古屋大臣であり、また今日国会議員の先生も来てくださっていますが、この問題に関心を示さない国会議員の先生方に、是非この拉致問題を政治活動の上でお心がけをしていただきたいと思っています。
 今日は各政党がいらっしゃっていますが、相変わらずですが、共産党と社民党はいらっしゃっていません。どこの国の政党か分かりませんが、一緒に考えていただける日本人になってほしいと思っています(拍手)。
 最後に、本日ご来場の皆様におかれましては、北朝鮮に幽閉されている日本国民が、この故郷日本に帰ってくることによって、自由を享受するまで、もう少しの時間だと思いますが、お力添えを宜しくお願いいたします。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3