救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73」全記録



◆帰国したよど号犯の妻と子どもたちは拉致を知っている可能性が


西岡 帰ってきた子どもの中には、福留貴美子さんの子どももいるんですよね。自分のお母さんがモンゴルに行くと言って日本を出て、なぜ北朝鮮に行ったのかということについて子どもたちは知っている可能性がありますよね。
惠谷 あると思います。
西岡 しかし、全然出てこない。それは先ほど言った「10の誓い」を毎日唱えさせられていて、自主革命党の党員で安心だと思ったから(北は)返したのではないかと思います。悔しいですが。
 そして日本国内に事実を知っている人がいるのに、分からないことがまだある。有本さんの拉致については、八尾恵は最初から自分が知っていたんですから。彼女が捕まった87年に、日本の警察は犯人を一度手に入れてたわけです。
 83年に有本さんが拉致されて、その4年後ですが、彼女は何もしゃべらなかったので分からなかった。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3