救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

13.メッセージ 上田清司埼玉県知事




本日ここに、「金正日はすべての拉致被害者をすぐに返せ!国民大集会」が、多くの皆様のご出席のもと、盛大に開催されますことを、大変心強く思っております。
「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」、「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」、「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」の皆様には、拉致問題解決に向けた日頃の活動に対しまして、心から敬意を表します。
多くの日本人が拉致されてから30年以上が過ぎ、解決を心待ちにしている被害者の御家族や関係者の皆様の御心中は、察するに余りあります。
埼玉県では、昨年12月、「救う会埼玉」の皆様とともに「拉致問題を考える埼玉県民の集い」を開催しましたところ、会場の定員を大きく上回る1,600人もの方々にお越しいただきました。
埼玉県民が拉致問題に対し、いかに大きな関心を持っていただいているかを目の当たりにして、私たちがあきらめない限り、必ず拉致被害者の皆様を日本に取戻すことができるとの思いを強くいたしました。
拉致問題の解決のためには、政府はもとより、私たちが思いを一つに粘り強く取り組んでいくことが大切です。
私も、引き続き県知事としてできる限り全力で取り組むとともに全力を尽くして、御家族の皆様の「もう待てない」という切実な心情を広く訴えてまいります。
この国民大集会が、拉致問題解決へ向けた動きを加速し、1日も早い拉致問題の解決につながりますことを祈念申し上げ、私からのメッセージとさせていただきます。
平成22年4月25日
埼玉県知事 上田清司

【その他】
第2部の後半で、司会の増元照明さんが来賓、特定失踪者家族、地方議連役員、救う会役員・幹事等を紹介、松原仁・拉致議連事務局長が参加議員を紹介、高木毅・拉致議連事務局長代理が決議案を朗読し大きな拍手で採択された。最後に司会の増元照明さんが閉会を宣して「国民大集会」が終了した。
目次
第一部
1.増元照明
2.飯塚繁雄
3.平沼赳夫
4.中井 洽
5.古屋圭司
6.竹内 譲
7.泉田 裕彦
8.深井 明
9.荒木 和博
10.崔 光奭
11.バンジョン・パンジョイ
12.海老原智治
13.上田清司(メッセージ)

第二部
1.増元照明
2.西岡 力
3.横田早紀江
4.横田滋
5.有本明弘
6.飯塚耕一郎
7.平野フミ子
8.市川健一
9.松木信宏
10.松本 孟
11.寺越昭男
12.北野政男
13.横田 滋
14.横田早紀江
15.横田哲也
16.本間 勝
17. 有本嘉代子
18. 市川龍子
19. 斉藤文代
20. 増元照明
  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3