救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

17.有本嘉代子




みなさんこんにちは。本当にこの問題は長くかかり過ぎています。今言ってもしかたがないことかもしれませんが、1988年の3月の予算委員会の時、梶山静六さんは、3組のアベックの方について、「拉致に間違いない」というようなことをおっしゃっています。その時点から分かっているのです。88年9月に、手紙が来て、娘は北朝鮮にいることが分かったのです。日本国民が拉致されているというのに、なぜ日本の国会議員に認識がなかったのかと、いつも残念でならないのです。これは個人の問題とは違います。日本国民が北朝鮮に拉致されているのです。その認識が当時の国会議員になかったのではないかという思いがあります。1990年9月に金丸さんと田辺さんが訪朝しました。その時、地元から出ていらっしゃる石井一さんの所に行き、「この問題があるのだから、北朝鮮に行ったらきちんと話をしてください」とお願いしたのですが、何も話さずに帰ってこられました。これが発端で、今、特定失踪者の方が400人以上おられます。こういう問題をそのままにしてきたから、こういう人がたくさん出てきたのだろうと、本当に残念で仕方がありません。これを解決するまでは私たちが頑張らなくてはいけないということは、ずっと思っていますので、皆さん最後まで協力してください。


目次
第一部
1.増元照明
2.飯塚繁雄
3.平沼赳夫
4.中井 洽
5.古屋圭司
6.竹内 譲
7.泉田 裕彦
8.深井 明
9.荒木 和博
10.崔 光奭
11.バンジョン・パンジョイ
12.海老原智治
13.上田清司(メッセージ)

第二部
1.増元照明
2.西岡 力
3.横田早紀江
4.横田滋
5.有本明弘
6.飯塚耕一郎
7.平野フミ子
8.市川健一
9.松木信宏
10.松本 孟
11.寺越昭男
12.北野政男
13.横田 滋
14.横田早紀江
15.横田哲也
16.本間 勝
17. 有本嘉代子
18. 市川龍子
19. 斉藤文代
20. 増元照明
  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3