救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会の新運動方針と米朝首脳会談-東京連続集会報告



◆民主党の一部と主要メディアは「首脳会談は失敗」と決めつけ

島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授)
 従ってあまり楽観していてはよくないということですが、トランプ氏は北朝鮮の地図をみせながら、「俺は不動産王だ。北朝鮮の西海岸地帯は大リゾート地帯にできる。俺が金を出すよ」というような話をした。「だけどアメリカからお金を出すのは議会が人権問題等で厳しいから無理だ。投資を得ようと思ったら日本しかないんだから拉致問題を解決しろ」と、そういう持っていき方をしたと聞きます。
 そしてトランプ氏が今回決裂させたということを、アメリカでは超党派で「正解だった」と言っていますが、但し野党民主党と民主党に近い主要メディアは軒並み、「今回の首脳会談は失敗だった」と決めつけています。
 やはり、事前の調整もなしにアメリカの大統領たるものがあんな独裁者と会って、何の成果もなく帰ってきた。アメリカの権威を傷つけたから失敗だと決めつけています。
 そういう中で日本にとっては、先ほど家族会の方も言われたように、金正恩に対して直に拉致問題をしっかり出してくれたということは、我々としては感謝すべきことです。
 そしてトランプ氏がやってくれた拉致に関するメッセージ、あれに感謝しているんだということを、日本政府はもっと世論に向けて発するべきではないかと思います。
 トランプ氏は今、ロシアゲートなどいわれなきハラスメントを受けています。私はロシアゲートは全く根拠のないものだと思いますが、彼は日本のためにやっているわけですから、そこは日本が彼をバックアップすべきではないかと思います。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■