救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「激動する朝鮮半島情勢の下で拉致被害者救出を考える」全報告



◆野党も一緒にこの問題に取組ませてほしい

村上史好(立憲民主党拉致問題対策本部事務局長、衆議院議員)
 皆さんこんにちは。私は拉致議連の一員でもあります。今日は党を代表してご挨拶を申しあげます。
 残念ながら何の進展もなく今年も終わろうとしています。拉致被害者の思いを考えると、例えば私の子どもがそういう立場だったらどんな気持ちで新しい年を迎えるのかなと思います。我々国会に身を置く議員として力不足であったと、皆様方に改めてお詫びを申しあげます。
 私は平成元年頃は大阪の市会議員をしていました。その頃は拉致問題はほとんど取り上げられていませんでした。その時、朝鮮総連の方と話をしました。「拉致問題は日本にとって大変重要な問題なんだ」といくら言ってもだめで、「うちはやっていない」、「北朝鮮はやっていない」、そればかりでした。
 しかし小泉訪朝を経て、きっちりと拉致の問題を金正日党書記が認めた。その後遅々として進んでいませんが、少しずつこの問題の解決に、政府、国会が一生懸命取り組んでいます。
 また南北会談が行われています。朝鮮半島の情勢というものは、以前に比べて大きく変わったことは事実ですが、これはあくまでも委員長で解決すべき問題です。
 アメリカや関係国に助言や助けをいただくにしても、やはり我々日本人が被害者を一括帰国させるんだ。その強い決意をこれからも示し続けなければなりません。
 今政府では菅官房長官が拉致問題担当大臣となられました。まさに超大物が拉致問題に対して取り組む。これは内閣の姿勢として評価したいと思います。ただ現実にはまだ進展が見られていない。そのことも一方の事実です。
 私は野党の立場として、どうか野党も一緒にこの問題に取組ませてほしい。政府は、「野党はもっと協力しろよ」というくらいのはっぱがあっていいのではないか。そして私自身も国会においては拉致特別委員会の野党の筆頭理事として、立法府からも行動を起こしていきたいと思っています。
 二元外交になってはいけませんが、やはり拉致被害者を返せという国民の心を反映できるのは我々国会議員です。与野党関係なく、この問題が解決するまで立法府が行動を起こしていくべきだとの強い決意でこれからも取組んでいきたいと思っています。
 どうか少しでも早い帰国実現のために共に頑張っていきましょう。努力をします。どうぞ宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
西岡 続いて、国民民主党拉致問題対策本部長、渡辺先生お願い致します。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■