救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会98



◆ひしひしと金正恩の怖さを感じるが彼も怖い

本間勝(田口八重子さん兄)
 今日の話の中で、拓也さんが「傍観者の責任だ」と言われたのが一番印象的です。もちろん政府にやる責任はあるんですが、そういうことを感じました。
 それと古森さんから、拉致被害者が政治犯収容所の職員にどう扱われるか、殺されてしまうかもしれないという怖い話もありました。拉致された人は命を取引にされちゃうんです。もし日本の対応が悪ければ殺してしまうよ、と正恩は言いかねない。そういう怖さが、ここにきてひしひしと感じられます。
 これに対しては正恩を斬首するしかない。彼が一番怖いんですから。韓国も12月に斬首部隊を作ると言っています。12月はヤマですよ。「工作員によって連れていかれた人たちをこの際返しなさい」と。「核・ミサイルは置いて、人権問題を一番にして、まず今年中に返さないとあなたは殺されますよ」と。「家族も同じ境遇に遭いますよ」と。
 被害者の家族がそうなったように、正恩の家族だって、拉致して拘束して返さない。あるいは殺してしまう。そういうことも脅しの材料に使えると思います。
 今年はもう日にちもないですが、人権問題で追い詰めてやっていければと思っています。
 私は、「ニューヨーク・タイムズ」の東京支社の方から、拉致問題についてコメントを求められました。八重子と私たち家族の悲惨さ、なぜ早く声をあげられなかったのかという思い、それを話しました。
 今トランプさんが拉致問題について、めぐみさんの話を出した。「ニューヨーク・タイムズ」の記事のテーマとして拉致問題を出してくださいとお願いしました。どう出るか分かりませんが、古森さん「ニューヨーク・タイムズ」を見ていてください。以上です(拍手)。
西岡 トランプ演説にこういう一節がありました。紹介します。
 世界にはいくつかのならず者国家がある。正しい国が邪悪な国に対峙しなければ悪が勝つ。
 善悪に踏み込んだ演説だったんです。ブッシュ大統領の「悪の枢軸」演説を思い出す、強い演説です。この圧力をどう使うのか。本当にめぐみさんたちが帰ってこれないことを悪だと思いますので、一緒に頑張りましょう。ありがとうございました(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3