救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会・拉致議連 訪米報告-東京連続集会98



◆大きな動きが出たらすぐにフォローし北の行動に結びつける

飯塚繁雄(田口八重子さん兄、家族会代表)
 いつもありがとうございます。今日は、最近の北朝鮮の動き、アメリカの態度、国連筋の色々な決定を含め、情勢が混沌としてきたという雰囲気を感じています。
 今までこんなに長く解決できなかったのは、やるべき人が何もしなかった、不作為が長く続いていたのが最大の原因だと思います。そういう意味では、今回の状況は突破口になると感じています。
 安倍総理もこのところ、立て続けに我々に会っていただいています。これは安倍総理の考え方・態度を、家族の人たちにも徹底してはっきりさせたいという気持ちがあったからだと思います。
 この前の面会では、「トランプ大統領が国連総会であれだけ北朝鮮問題に言及したのは、アメリカだけではなく、トランプに影響される国がほとんどその気になっていますよ」というような話もありました。
 日本も当然、安倍総理の意見を聞くとトランプと同じ話をしていますし、さきほど古森さんからもあったように、日本独自の対応をもっと強くやってもいいかなと思います。
 いつも私が考えるのは、あのような大きな現象が出た時に、その後どうするのですかか、すぐにフォローアップするんですかということで、この前総理にも言いました。これだけ前代未聞のできごとがあって、それで終わりましたというのではなく、即フォローしてください、と。
 トランプが国連総会で演説した。じゃあいつ帰ってくるんだ、と。そういう短絡的な思いしかないんです。しかし時間が過ぎ、いつかいつかと待つ、もうこれはできません。
 今年中にという話がありましたが、これも間に合いそうにないので、引き続き我々はこの態度を固めて、今回は制裁を徹底的に強める手しかないと思います。私たちも色々考えますが、とにかく北が何か動く、行動することに結び付けていかない限り、だらだらとまた時間が過ぎてしまう。
 是非皆さんといっしょにこれを注視しながら、何かやった後のフォローをきちんと見ていく、またさらに総理大臣にそのことを要請していくことが必要と思っています。
 家族も疲れていますので大変ですが、我々は北にいとしい家族がいる限り、なんとか頑張っていきます。皆様のご意見も、できればまとめて、即具体的な動きにつながる方法で、何事も段取りをしていきたい思っています。宜しくお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3