救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会97全報告



◆軍事攻撃後の平定作戦が大事

島田洋一(救う会副会長、福井県立大学教授) 絶望してはいけないという結論に当然なるわけですが、やはり日本が主体的に何ができるのかということを考えると、ほとんどないんですね。議員のほとんどは何も考えていないでしょうし、現在の安倍政権においても、今日配布された「正論」でも私は指摘していますが、北朝鮮が混乱自体になった時、自衛隊が救出に行くことを考えたのですが、制空権はアメリカに確保してもらう。かつ自衛隊の武器使用には色々制限があるので、米軍に自衛隊を保護してもらわなければいけない。要するに1から10までアメリカに条件を整えてもらってという話です。
 トランプさんは、イラク戦争の失敗は占領軍としてずるずると居続けたことだ。そもそも攻撃事態がおかしかったと言っています。戦争をするとき、アメリカは相手をつぶす能力は極めて強いですが、その後の占領行政で米軍兵士に死傷者が出るわけですから、北朝鮮に軍事力を行使する場合も圧倒的な海空軍パワーで拠点をつぶしまくる。後は隣のアジアの国がなんとかしろ、というかっこうになる可能性が強い。
 占領軍としてアメリカが長期に留まることは、トランプ氏が去年の選挙戦中に「馬鹿げてる」とさかんに言っていました。そんなものは周辺諸国に責任を持ってやらせればいい、と。
 従って韓国や日本は、アメリカは金正恩本人も狙うし、軍事力もつぶせるだけつぶす。後の平定作戦は韓国と日本がやれという話になる可能性が非常に強い。その時、「法上日本は何もできません」では話にならない。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3