救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する米朝関係と拉致問題−東京連続集会97全報告



◆アメリカが再び北朝鮮に騙される可能性も

西岡 わがボルトン大使が安保補佐官に入ってくれることを強く望みますが、拉致の観点から言うと、アメリカが譲歩してしまうのはまさに94年型で、強い圧力をかけた時金日成が出てきて「核を凍結する」と言った。しかし、だまされてたわけです。
 解せないのは朴槿惠政権の時、去年1月北朝鮮が核実験をした後、習近平にいくら電話をしても出てこなかったりして、やはり頼りになるのは日米韓の同盟で、北朝鮮に圧力をかけなければならないという方向に戻ってきて、北朝鮮に対して、「核開発を止めないならレジーム・チェンジをする」と宣言した。そして様々な圧力をかけた。
 その一つが高位層の亡命を促すことで、かなりの高位層が秘密裏に亡命しています。その中には作戦部の副局長をしたパク・スンウォンという将軍もいた。彼はアメリカにも行って情報を提供している。北朝鮮の核開発の状況、あるいは軍事戦略についても、アメリカはこの数年間かなりの情報を入手している筈なのに、北が、アメリカまで届く核・ミサイルを持って韓国を赤化しようとしている時に、それをあきらめさせる。
 北朝鮮からしても、アメリカが韓国から撤収するということも口約束ですから、本当にアメリカが守るかどうか。守らないのなら、核・ミサイルを持ってしまって、アメリカが介入したら撃つぞと脅すことで撤収させようと思っていたのに、口約束で撤収を信じられるかどうかは、まだ様子をみないといけない。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3