救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会96全報告



◆北朝鮮が海外に埋め込んでいる化学兵器、生物兵器

宋允復 トランプと習近平が会う前に、中国は北朝鮮と交渉をしている。北朝鮮が何を考えているかの本音を中国側は把握したと聞いています。北朝鮮は4月に大変緊張して、4月に、海外に出ている保衛部から聞くと、4月15日は金日成の誕生日です。この行事は円満に遂行しなければならない。次の4月25日の、人民総決起記念日はそうではない。その前に核実験はやらざるをえないという言い方をしていました。
 ところがトランプは常識がないから、中東か何かと勘違いして本当に軍事的措置をとるかもしれない。米国が軍事的オプションをとる兆しが見えたら、我々が持っている勢いでやってしまわなければならない。
 何をやるかというと、海外に既に埋め込んである化学兵器、生物兵器。北朝鮮がテロをする拠点も定めてあるわけです。そういうところに仕掛けるために、それを指揮するメンバーを4月半ば頃、中国に出した。彼らは日本を含め外国のパスポートを持っていて、それぞれの国に今出て行くところだ。それで私に、「君はしばらく韓国に行かない方がいいよ。何が起きるか分からない」と。
 ところがそのような圧力があって北朝鮮は折れたわけです。核実験をやらずにここまで来ている。私はワームビアさんの死亡があるまでは、結局北朝鮮の二股外交は功を奏するかもしれないと。北朝鮮はアメリカと秘密交渉をしていますから。
 「アメリカに届くミサイルの開発はストップできるから、核保有を認めてほしい」という類のことを言って、アメリカ側も確かに北朝鮮に対して軍事的オプションは取りづらいということで、なだらかに落ち着いていくかもしれないとの見通し、感触を持っていたんですが、ワームビアさんの死亡を契機にアメリカの硬化した世論が生まれ、改めて米国人が北朝鮮の邪悪さに気づき、このことが作用するかなと思っています。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3