救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会96全報告



◆金正恩が闇市に何もしないから民間経済が向上

西岡 制裁の話に戻りますが、闇市経済は制裁とは関係ないわけですね。人民が食べるためにやっているのだから。当初は流通が主だったのですが、今は小規模の製造もやっている。近所のおばさんたちを集めて、ミシンと布と糸を中国から持ってきて、闇市で売る。製品は書類上国営工場で作ったものとする。
 だから配給は復活しておらず計画経済は完全に崩壊したままなのに、生活は少しずつよくなっている。これは金正恩が何もしないから、闇市を放置しているから起こった現象です。
 しかし問題は統治資金で、これを枯渇させることができるかどうかです。
宋允復 北朝鮮もそれを見越して外貨調達でノルマを与え、尻を叩いているようです。最近の動きでは、中央の貿易銀行が外貨取引を中断しています。外貨流出をしないようにということだと思います。
西岡 物が買えなくなりますね。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3