救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆米韓軍は金正恩がいつもどこにいるか知っている

惠谷 そうです。ついでに暗殺計画についてお話しますと、金正恩の日常については、米韓軍はいつもどこにいるかをとらえています。従って、ピンポイントで本人を空爆することは技術的には可能です。
 例えば、今日は地下司令部に入っている。そこまで把握しているか分かりませんが、その場合、地下を爆撃する能力も持っています。しかし問題があります。地下で爆発するとDNAがとれない。これでは今後暗殺作成はできない。
 古くはチャウシェスクの暗殺の時に、処刑された死体映像が出ました。万人が、この人は死んだと納得できる状況でないといけない。地下司令部で死んだとしても、洗脳によって北朝鮮の民衆は、元帥様は絶対どこかにいらっしゃるとなると、この神話・伝説を払拭するのは不可能です。
 ですから、暗殺するにはDNA採取が可能な方法でやらないと、暗殺した意味がなくなり、効果が低くなります。従って、暗殺というのは、単純に銃撃をして遺体からDNAを取る必要があり、爆殺して遺体がどこかに行っちゃったというのではだめなわけです。
西岡 それはこちらが積極的に仕掛けることであって、北が奇襲南進をしているとの兆候を確実に掴めば、そういうことは言っていられないですね。
惠谷 もちろんそうです。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3