救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆2001年に始まる2回目の核危機

西岡 北の金日成が考えたのは、数十万人の韓国人や在韓米軍を殺すことはできるが、俺はしない。アメリカが本気になったら、北の首脳部を壊滅させることができる。そういう緊張関係の中で寧辺の原子炉を止めたんです。しかし金正日は二枚腰、三枚腰でパキスタンから濃縮ウラニウムをつくる技術を入れて、地下で濃縮ウラニウムの開発を続けていた。
 濃縮ウラニウムは原子炉がいらないんです。遠心分離機と電気さえあればいいんです。だから衛星ではなかなか見つけにくい。そういうことをやっていた。つまり、戦争の危機になって譲歩すると言っても続けるくらい戦略的なことなのに、そういう点でも金正恩政権が今アメリカの簡単な圧力で核をやめるということはありえないということが言えます。
 2回目の核危機が2001年に始まります。同時多発テロが起きました。その前から私と惠谷さんは、パキスタンの技術が北に入っているんじゃないかと議論をずっとしていたんですが、実は同時多発テロが起きた後、最初にアメリカが行ったテロとの戦争はアフガニスタンとの戦争でした。アフガニスタンにビン・ラディンの基地があったわけです。そこを叩く。そのためにパキスタンに米軍が入りました。パキスタンが事実上アメリカの同盟国になった。
 パキスタンに入った米軍が何をしたか。パキスタンの核開発の父と言われるカーン博士などを徹底的に調べて、「お前たちはまさかビン・ラディンに核技術を出していないだろうな。一体誰が教えたんだ」と徹底的に調べた。
 そうしたところ、リビアのカダフィ大佐とイランと北朝鮮の金正日に教えたということが明らかになった。それでカダフィ大佐はすぐ、「確かに技術をもらってやってました。でもまだ完成してません。壊します」と言って、全部見せて壊した。
 それだけじゃなく、「アメリカのパンナム飛行機に爆弾をしかけたのは我々でした。補償します」と言って白旗をあげた。テロとの戦争の真っただ中で怒りまくっているブッシュ政権は、「テロ支援国家が核・ミサイルを持つことは戦争しても許さない」ということを分かってカダフィは白旗をあげたんです。
 2002年1月に、ブッシュ大統領が「悪の枢軸」演説という有名な演説をした。カダフィは入りませんでしたが、核技術をパキスタンからもらっている証拠をアメリカが得たので、北朝鮮がイラン、イラクと並んで入ったわけです。
 特に北朝鮮は悪質で、94年に合意をして、アメリカからただで重油を毎年50万トンもらっていたわけです。これは発電所だと言って寧辺の原子炉を止める。電気が足りなくなる。「軽水炉が完成するまでの電気をどうするんだ」、「分かった」ということで、火力発電所で使う重油をただでやろうと。
 アメリカは94年から2002年まで、ブッシュ政権の「テロとの戦争」の最中にも、毎年50万トンの重油をただで北朝鮮に提供していました。それをもらいながら、パキスタンの技術でアメリカ目で届く核・ミサイル開発を着々と続けていたということw、ブッシュ政権が完全に確実な証拠を握ったのが2001年の時です。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3