救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆第1次核危機の教訓

惠谷 第1次核危機のことで一つ。94年にクリントン大統領が、「寧辺の原子炉を空爆するしかない」と言ったことですが、彼は徴兵を拒否したような男です。しかしこれは軍事的に解決するしかないと決断した。統合参謀本部議長からどういう状況になるかをレクチャーされていた。
 その後94年にカーター元大統領が平壌に行きました。金日成と会って、アメリカの攻撃があるかもしれないし、西岡さんが言ったように寧辺の原子炉を停止するということで金日成がソウルに行って南北頂上会談をやることになっていました。従って爆撃はなしということに。そうすることによって金泳三は、「戦争を止めたんだ。被害も出なかった」と言っていますが、アメリカの統合参謀本部は50万の死傷者が出るという見積もりをしていました。
 当時は寧辺の原子炉を空爆するといっても、誘導技術が稚拙で1発、2発では爆撃はできませんでした。だから大変だったのですが、それをもしやっていれば、翌年から始まる北朝鮮の飢饉で300万人が餓死しましたので、50万の死傷者が出ることを躊躇して、躊躇したかどうかですが、それをもって戦争をストップさせたと言いましたが、その後300万人の餓死者が出ました。
 核・ミサイル開発も、そこでストップさせることができたんです。話が飛びますが、今、核・ミサイル開発が完成しつつある時に止めなければ、あの時2017年に、トランプ大統領時代に北をつぶしてないからニューヨークは核爆発の被害を受けたというようなことになります。
 こんな可能性が大変高くなります。歴史を見るという時に、この1994年の状況を本当によしとするか、あれは間違った選択だったのかということです。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3