救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆北朝鮮は核・ミサイル開発をやめない

西岡 わが政府、防衛省の「防衛白書」では、「2015年には、北朝鮮が核兵器の小型化、弾頭化の実現に至っている可能性も排除できない」と。去年8月に公表された2016年版の「防衛白書」では、「小型化、弾頭化の実現に至っている可能性も考えられる」とあります。
 「排除できない」という否定形から「可能性も考えられる」という肯定形に変わった。安全保障というのは、「疑わしきは備えよ」ですから、可能性がゼロじゃない以上備えなくてはいけないし、私は逆に、「今年の4月に核実験を準備していた」という内部情報を持っています。
 情報がはずれていることもあるし、惠谷さんの技術的な見方が正しいかもしれません。戦略的なことでは惠谷さんと一致するんですが、細かいことではいつも違っていることが多いんですが、今日は核問題がテーマではなく、拉致問題なので、少なくともアメリカ絡みで危機が強まってきた。
 アメリカの本土まで届くミサイル開発が最終段階に入ってきたことをトランプ政権が認めて、すべての手段をとってやめさせるという状況になった。このことをまず確認したいと思いますが。
惠谷 間違いないと思います。
西岡 そして今、トランプ政権も、北朝鮮が話し合いで核をやめるだろうかという強い疑念を持っていて、話し合いの条件は「核をやめると宣言することだ」と。「実際に核をやめることが話し合いの条件で、話し合いのための話し合いはしない」と言っていますが、北朝鮮は、惠谷さんの見方でも私の見方でも核・ミサイル開発はやめないという状況です。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3