救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆中国の脅し(国境封鎖)で核実験延期か

西岡 力(救う会会長)
 中朝関係についてもう一つ情報があります。これも後で惠谷さんの意見を聞きたいと思います。日本のあるメディアが報道しましたが、4月20日に金正恩政権は中国共産党に対して、「近く核実験をする」と通報した。20日から25日の間にやるということだった。
 それに対して中国共産党側から、「国境封鎖をしますよ」、「アメリカが軍事攻撃をしても味方になりませんよ」という通報があった。それで延期になった。ちょうどその頃、核実験場でバレーボールをしている姿が衛星で写され、トランプ大統領は、「習近平はよくやっている」と言った。
 4月20日に通報したという情報は「情報」です。バレーボールのことや「習近平はよくやっている」と言ったことは「事実」です。もう一つそれを補強する材料として、5月の初めに中国のある都市で、北朝鮮の貿易関係者等が集められて政治講演会が開かれた。そこで、「中国に対する幻想はもう捨てろ」、「破局が来ることを覚悟して対策を立てろ」という内容の講演がなされた。
 今の流れで言うと、「破局」というのは、中国が国境封鎖をするかもしれないということまで想定しているのではないか。中朝関係はかなり悪い。但し、中国共産党が本当にアメリカと足並みを揃え、国際社会と足並みを揃えて北朝鮮の核・ミサイル開発をやめさせようとしているかどうかについては、クエスチョンマークが付きます。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3