救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

緊迫する朝鮮半島情勢下での救出戦略ー東京連続集会95全報告



◆「中朝関係は今すごく悪い」

西岡 力(救う会会長)
 中国問題の専門家は、「トランプは習近平にだまされている」と言う人が多い。「中国はアメリカなんかに協力はしませんよ。協力したふりをしているだけで、北朝鮮の核を本当にやめさせる気はありませんよ」と言っています。
 「例えば北朝鮮のミサイル発射台の車両は中国製だ」、「本気でやめさせる気はないんだ」というようなことを言っている。
 しかし、私が知っている北朝鮮内部に通じる筋は、「中朝関係は今すごく悪い」と言います。去年1月の北朝鮮の核実験に対して、国連安保理事会が、中国も拒否権を使わない中で対北制裁を強めました。その前後、金正恩は、「中国は裏切った。上海と北京に核を一発ずつおとしてもいいんだと言った。習近平はそれをよく知っている」。
 「サンケイ新聞」が報道した、去年3月に北朝鮮内部で幹部に回された講演資料によると、「中国の裏切りを核の暴風で吹き飛ばせ」と中国を名指しにした文書が出ています。「サンケイ新聞」はその文書を入手している。
 そしてついに今年になって、北朝鮮の「労働新聞」が、「中国」という名前を出して批判をしました。これは後で惠谷さんにも聞きたいんですが、私の記憶では北朝鮮の公式媒体が「中国」という名前を出して批判したのは、文化大革命の時、紅衛兵の壁新聞で「金日成は修正主義者だ」と出た時に批判したと思いますが、これは紅衛兵に対する批判で、毛沢東も含めた批判ではなかった。
 そうなると今回は「中国」という名前を出しての初めての批判ではないか。これまでも内部では批判していましたが、表では「ある大国」とかいって、「中国」という名前は出していませんでした。中朝関係をどう見るかがもう一つの変数です。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3