救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

今年中にすべての被害者の救出を!国民大集会 全報告



◆我々は怒っている

松田良昭(拉致問題地方議会全国協議会会長、神奈川県議会議員)
 平成14年9月17日小泉訪朝で5人の日本人を奪還できました。我々はまだいる同朋をすぎにでも取り返せると思った。そして全国の方々にお呼びかけをし、日本人の声を、そして地方議会の声を、議連を作って北朝鮮に向かって、「我々は怒っているぞ」と言いましょうとお願いしたところ、全国42の議会で議連ができました。15年経ちます。未だにそのままです。
 今日も全国から多くの議員が駆けつけてくれました。ご紹介します。

 まず副会長県ですが、新潟県三富佳一会長(拍手、以下略)、東京都小磯明幹事長。以下北海道から順にご紹介します。

北海道 本間勲会長  青森県 三橋一三幹事長
宮城県 相沢光哉顧問 秋田県 北林康司副会長
福島県 遠藤忠一会長
北海道・東北の方お立ちください(拍手、以下略)
栃木県 金子裕議員  群馬県 腰塚誠会長
千葉県 本清秀雄顧問
関東地区の方お立ちください。埼玉県は今日義捐金をお持ちいただいています。
富山県 四方正治会長 石川県 石田忠夫会長
福井県 大森哲男会長 岐阜県 藤墳守会長
静岡県 岡本護会長
東海・北陸地区の方お立ちください。
三重県 中森博文会長 兵庫県 黒川治理事
和歌山県 山下直也会長
近畿地区の方お立ちください。
鳥取県 上村忠史会長 島根県 小沢秀多会長
広島県 下原康充副会長 山口県 新谷和彦会長
中国地区の方お立ちください。
徳島県 長尾哲見副会長 香川県 新田耕造事務局長
愛媛県 三宅浩正幹事 高知県 浜田豪太事務局長
四国地区の方お立ちください。
長崎県 山本啓介幹事長 熊本県 溝口幸治会長
大分県 三浦正臣監事 鹿児島県 酒匂卓郎会長代行
九州地区の方お立ちください。
最後に私は神奈川県の会長です。
神奈川県の方お立ちください。

 まだまだ思いのある議員がたくさんいらっしゃいます。我々は街頭に立ち、地元の皆さんに最も身近な議員としてお話をしています。先ほども街頭活動をしている方からお話を聞きました。「少し雰囲気が変わってきた。署名の数が増えてきた。今までは北朝鮮というと、なんか下を向いてしまったけど、堂々と『頑張ってください』という声が聞こえてきた」と。
 日本人は怒っているんですよ。あの宋日昊(ソン・イルホ)を見てください。あんなに日本人をばかにしたことを許すわけにはいかない(拍手)。この拉致問題は国家主権の問題であるけれど、日本人一人ひとりの問題でもある。
 そして我々はこの日本の証として、必ず取り返しましょう。最優先でやりましょう。頑張りましょう(拍手)。
司会 市長としてずっと取り組んでくださった梅原克彦元仙台市長、アメリカで我々をサポートしてくださった古森義久・スーザン古森義久夫妻、また各地の救う会、今市町村区議会の議員の先生方お立ちください(拍手)。
 日本中が怒っている、松田先生がおっしゃった通りのことを今こそ伝えていきたいと思っています。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3